ブレインマシンKASINA:TIPS~アクティブモードを必ず確認しよう

ブレインマシンKASINA(カシーナ)は
SpectraStrobe
AudioStrobe
Kasina Basic
ColorOrgan
という4種類のモードで動きます。
そしてセッション再生中には、いまどのモードで駆動しているのかという状態(アクティブモード)が表示されます。

SP01SpectraStrobeのセッション再生中は写真のようにMode SpectraStrとなっていることを確認して下さい。
「なんだか光の切れが悪いな」「これしょぼいな」と感じた場合はこの表示が Mode ColorOrganになっている場合がほとんです。つまりSpectraStrobeのセッションであるにもかかわらずColorOrganモードで再生してしまっているわけです。この場合でも、KASINAのゴーグルはとりあえずコンテンツの音に反応はしますが、そのままでは本来の豊かな体験を得ることはできません。
SpectraStrobeのセッションなのに、Mode SpectraStrとなっていない場合は、外輪上部のアップボタンでアクティブモードをMode SpectraStrに切り替えて下さい。

AudioStrobeのセッションを再生中は写真のように上段にMode AS、下段にColorSet番号AS01が表示されていることを確認して下さい。外輪のダウンボタンでColorSetの番号を切り替えると、同じプログラムでもさまざまなパターンを体験することができます。とくにお薦めはColorSetの11~16です。各LEDの点滅タイミングや光量が経時的に変化し無限の変化を楽しむことが出来ます。
一方、「なんだか光の切れが悪いな」「これしょぼいな」と感じた場合はここの表示がMode ColorOrganになっている場合がほとんです。Mode ColorOrganでもコンテンツの音に反応はしますが、本来の豊かな体験を得ることはできません。アップボタンでアクティブモードをMode ASに切り替えて下さい。

逆にプログラムとは関係なしに、音楽を反応させて楽しむ場合は必ずColorOrganになっていることを確認しましょう。信号のないふつうの音楽をSpectraStrobeやAudioStrobeで再生しても反応しないのでご注意ください。

世界最先端のブレインマシンKASINA

カテゴリー: ブレインマシンKASINA パーマリンク