0 0 0 0 0 0 0 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000
HACHIMAN イメージ 0 000
0 000
0 HOME 0 書籍一覧 0 ご注文の方法 0 DMのお申込み 0 特価書籍目録 0 特選古書 0 読み物 0 原稿募集 000ブログ
0 0 000

高速スーパー検索
書名でも著者名でも内容に関するキーワードでもなんでも入力して下さい。

DMのお申し込み

◎ご注文

ショッピング・カートでかんたんに
ご注文頂けます。

もちろん、電話、ファックス、e-mailでもご注文頂けます。

霊界物語コーナー

出口王仁三郎芸術館

大宮司朗先生インタビュー

 

宮地水位大人より伝来の「まじなひ」をわかりやすく公開!


禁厭秘帖

附録特別伝法:
願望を神界に到達せるための神呪
一切のことに勝利を得るための秘言
祈願の念意が神仙界に感通する神呪



大宮司朗=編著
定価13,000円+税

菊判・和綴

注文数 セット
[ 買い物カゴの中身を見る ]


禁厭(まじなひ・きんえん)はもともとは神術、祈祷とほぼ同じ意味で使われたが、現今では単に呪詞を唱えるのみで応験を得られる実践や、あまり複雑な手順や厳重な潔斎等を伴わぬ実践を称して「禁厭」と称するようになってきた。本書は、宮地水位大人の『禁厭秘辞』『禁厭集』を土台に禁厭の玄理、歴史、実践にあたってのコツなどをわかりやすく解説し、さらに上記二著および通常の人の目に触れぬことのない稀覯書の中から、一定の信憑があると判断された禁厭を撰び収録したもので、これまで公開されることのなかった重秘の術もかなり含まれている。
古神道系の修法に関心を寄せる人は多いが、多忙な現代生活においては、最初から厳重な手順の多い実践に接しても容易に実行できぬこともあろう。その意味で手軽に実践できる禁厭は、より集中力の必要な式法へと進む階梯としてふさわしいものともいえる。しかしながら留意すべきは、複雑だから偉い、簡単だから軽いというような優劣のあることではないということである。
むしろ、一発の禁厭が、心のこもらぬ、すなわち神人の気持ちが交じりあわぬ祈祷にまさる応験をもたらすことが往々にしてある。しかも今回は読者にかわり弊社より先生にお願いして、特別附録として、あらゆる願い事を神界に到達させるための○○之神呪、一切のことに勝利を得るための○○秘言、祈願の念意が神仙界に感通するための○○之神呪の計三法を公開して頂くことになった。いずれも少し斯道を囓られた方にはおわかりかと思うが、そう簡単に受けることのできるものではない。
ちなみに、幽真界に肉身をもって出入された宮地水位大人ですら、現界に伝えられるある禁厭一法を入手するため、その所持者と数年にわたって交際を続け、その所持者が金銭的に困難になった時を見計らって、万金を積んでそれを入手されたという逸話がある。本来はそれぐらいのことをしなければ、たったひとつの簡単な禁厭や秘言すら入手できないのである。
強運符、訴訟に勝利を得る符、振り替えしの秘法、諸病治符、憑霊判断法、縁切り法、竈神符、男と手を切る法、商売吉祥符、福を招く符、方災除けの札、神桃術、防妖魅符、辻占法、呪咀返し、十字の大事、憑物道切符、病人の生死を見わける法、寿命百歳を保つ符、狐狸退散法、辟呪咀符、伝染病を避ける法等々を収録。


まじなひ、禁厭とは?
禁厭の「禁」は禁止の義であり、「厭」は鎮壓(圧)の義で、抑え止める意味である。つまりは災いを抑え、害を止めるものである。もっと広義に解釈すれば、神秘的な力によって災禍を免れたり起したりなど、不可思議な現象を生じさせる術であるともいえる。またマジナヒは呪とも、呪咀とも、禁呪とも書き、厭当などとも書くことがある。平田篤胤はマジナヒの「マジ」は「交わる」の「マジ」と同じで、「彼方の体に此方の霊を交ふる意」であると言い、本田親徳はマジナヒは「交之霊」であるとした。また宮地水位もマジナヒとは「交え合わす義」であるとした。