0 0 0 0 0 0 0 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000
HACHIMAN イメージ 0 000
0 000
0 HOME 0 書籍一覧 0 ご注文の方法 0 DMのお申込み 0 特価書籍目録 0 特選古書 0 読み物 0 原稿募集 0 000
0 0 000

高速スーパー検索
書名でも著者名でも内容に関するキーワードでもなんでも入力して下さい。

DMのお申し込み

◎ご注文

ショッピング・カートでかんたんに
ご注文頂けます。

もちろん、電話、ファックス、e-mailでもご注文頂けます。

霊界物語コーナー

出口王仁三郎芸術館

大宮司朗先生インタビュー

 

NEW 敬神生活に必備の神拝詞・呪詞を網羅した決定版!
大祓詞から宮地神仙道の秘呪まで網羅!
携帯に便利な経本じゃばら仕立て!

古神道祝詞集
大宮司朗=監修
定価3,800円+税 経本

これは絶対に購入してください。「信頼できる祝詞・神拝詞集を出して欲しい」という読者の皆様のご要望にお応えすべく、大宮司朗先生と弊社社主・武田崇元が念入りに選定・校訂し、自信をもってお送りする決定版祝詞集。これ1冊あれば、日々の朝拝、夕拝から諸社参拝、大願成就の祈祷までほぼ完璧に対応できます。大祓詞、禊祓詞、三種祓、六根清浄太祓はもとより、伯家、吉田家、橘家などの伝書にみえる一般には知られていない古伝の秘詞、宮地神仙道の祝詞、神仙感応経、さらに宮地水位先生の未公開の秘呪をも収録したので、それだけでも値段の元は充分とれます。また、最後に余白頁を用意したので、弊社の書籍よりふだん使われる呪詞や祝詞を書写されるとあなただけのオリジナルな祝詞集になります。また巻末解説では各神拝詞の底本を明らかにし、必要に応じてその意味や淵源を解説、大祓詞や禊祓詞の読み方の異同等についても詳細に説明するなど、たいへん勉強になる1冊です。21世紀の神道界のデファクト・スタンダードですので、必ず購入しましょう。神棚を祭祀されている方は2冊購入頂き、1冊をご神前に、1冊を携帯用にお使い頂ければと思います。
禊祓詞(平田篤胤伝、神祇伯家伝、吉田家伝)/大祓詞/三種太祓/ひふみ祓詞/天の数歌/招神詞/送神詞/最要中臣祓/三科祓/鳥居祓/遥拝詞/一切成就祓/六根清浄大祓/五行祈祷祝詞/五形祓/手水之呪/気吹祓/除悪夢祓/稲荷大神秘文/五狐神祝詞/三雲祓詞/神棚拝詞/産土神拝詞(一般、宮地神仙道伝)/祖霊拝詞(平田篤胤伝、宮地神仙道伝)/霊鎮祓詞/諸社神拝詞/十種布留部祓/道士毎朝神拝詞/五元之浮宝秘詞(宮地水位伝)/年災除祝詞/祈念詞(紫龍仙伝)/手箱山遥拝詞(宮地神仙道伝)/向北辰唱秘言(宮地常磐伝)/神通秘詞(宮地水位伝)/神仙感応経(太上感応編)
古神道祝詞集の特色
古神道祝詞集 ご購入者様の声

オーラって簡単に見える?
オーラを磨く宇宙の法則
川合絵津子=著
四六判 並製 定価1,500円+税

私たちの身体は物質的な肉体のみで構成されているのではなく、幾層にも分かれたエネルギー体であるということは、誰もが実感していることと思います。一般的に、肉体の外にあるエネルギー全体を「オーラ」と称しますが、本書では、オーラを見るための練習方法から、オーラを磨く(浄化する)ためのメソッド【各種呼吸法、水・塩・酒による浄化、自然との交感、各種養生法、ファスティング、アロマテラピー、フラワーエッセンス】まで、古神道的にいうと、玄気霊視から禊行事までを、誰にでもわかりやすく解説しています。また、本書の第三章は、身体の隅々まで心地よい言葉のエネルギーで満たし、本来の自分を取り戻すための一種の誘導セッションになっています。実践術にこだわる本格派の方にも一読していただきたい書です。


九星気学の古神道的解釈、三大秘事を開示
神機霊通術秘書
付・三大秘訣/大日本言霊解説
中野博堂=著 A5判 並製
孔版(ガリ版)印刷の復刻ですので、多少の字のかすれ、濃淡のムラ等があることをご了承ください。
定価3,800円+税

松原皎月が創立した洗心会において洗心流心霊術教範に任じられ、のちに洗心会を継承し会長となった中野博堂の孔版著作「神機霊通術秘書」を復刻。また、付録として「三大秘訣」「大日本言霊解説」を収録。
【神機霊通術秘書】
神機霊通術とは「惟神の神機数理に基づき、大は天変地異より小は人事百般に至るまで、過去現在未来に通じ、現象界の事象万般悉く明察予断して、凶を避け吉を迎え禍を転じて福を招き、人生に光明安心を与へ帰趨を知らしめ、日常処世の羅針盤たらしむ」霊術であるとし、従来の九星気学や易学はその運用を著しく誤っており、古神道の密理(言霊・数霊・音霊等)に基づき霊感により神機に触れて自得した秘義を一切網羅したと説く。【内容】五の霊数の神秘と五行、九数霊の転位運行、金神・歳破神・吉神の毎年の方位図解、天盤の組立方と各人の性質秘説公開、各種活断法(旅行・婚姻・勝敗・売買・行方不明・待人・失物・病人・共同事業・夫婦仲)
【三大秘訣】松原皎月の口述した三大秘訣を収録。
水晶凝視法秘傳:「霊道洗心会 入門之栞」によれば、副島種臣が創始したとされる「水晶凝視法」。本書においては、初心者にも応用できる霊像発顕の方法と、術者の霊格に応じた使用法、憑依霊及び土地・家屋に祟る霊を発顕判断する門外不出の極意を伝授。病気治療、開運成功にも効果ありとする。
秘傳 秘言解釈:鎮魂の秘占、悪鬼退散秘言、蟇目神法秘言、疾病快癒秘言、招魂の秘言、送魂の秘言等、これらを用いて、従来の霊術より以上の霊力を賦与される。
八門遁甲の術:徳川家康の参謀・天海僧正の用いた一大秘法で、百般の吉凶を前知先見することを得る法術。
【大日本言霊解説】真素美の鏡の運用について
統一指圧療法の古典的名著
指掌療法秘録
田野倉快泉=著
定価3,800円+税 A5判 並製

東洋的療法と米国式のスポンデロテラピー、オステオパシー、カイロプラクティックを統合した統一指圧療法を確立した指圧療法の古典的名著。指圧療法は誰でも出来る手軽さから自己流が多く、系統的に論じた指導書は少ない。本書は『無薬医術 指圧療法』(昭和5年刊)を加筆し、昭和8年に宗孝社より上梓したものを底本としている。指頭法、圧迫法、押圧法、摩擦法、敲打法、微振法など各種手技の特徴と効果、腹部、胸部、前頭部、顔面、後頭部、頸椎、肩、上肢、下肢、脊椎など部位別の指圧効果、肋骨挙上法、鎖骨挙上法、下腹部挙上法、肋骨拡張法、胸郭拡張法、肩胛骨拡張法、頸部反逆法、腰部反逆法、頸椎伸張法、下肢伸展法、両脚屈伸法、両脚抵抗法、下肢振動法など身体各部の操作法の基礎と応用、さらに神経痛、脊髄疲労、不眠症、頭痛から消化器系病、呼吸器系病、循環器系病、消化器系病など症状別の治療法まで網羅。なお、特別附録として、昭和8年刊『指圧秘図』の「指圧治療朱点図」(病状毎の指圧刺激箇所を朱点で明示した秘図)をお付けしました。

応験抜群の未公開霊符を満載!
八百萬神一切諸星 神伝霊符集
定価12,000円+税
大宮司朗=監修 和綴
某旧家に秘蔵されていた写本より、『霊符秘密集傳』『鎮宅霊符神』などにも収められていない未公開の神伝霊符を中心に厳選集録。大黒神符などの金銀入宅符をはじめとして、大願成就符、方除符など、日常において役立つ霊符だけでなく、八百萬神一切之符などといった、様々な神々を勧請するための霊符も収録されている。日天符、月天符、天照皇日大神符、太極元神符、舟玉大神宮符、中央除之符、龍神之符、雨乞吉之符、金銀入宅符、商売吉符、病気災難除符、富貴長命和合符、天地陰陽八百萬神一切諸星符、稀代方除符、盗難足留之符、悪気除符、悪鬼除符、盗人除御符、四季除符、悪生一代除符、井戸一切之符、悪風病難之符、長命之符、門口堅護符、悪気祟除符、四神符、百霊祟除符、夫婦和合符、田畠虫除符、運強病気除之符、長病平癒之符、百難百病符、二十八宿秘霊符ほか160符を集録。


NEW 呪術の古典で変体仮名を学ぶ
新撰咒咀調法記大全
大宮司朗=監修 定価3,400円+税
A5判 並製
変体仮名は明治になって画一化される以前の平仮名の字体で、これを知らぬと江戸時代の版本や写本は読めない。逆に言うと、変体仮名がすらすら読めるといろいろとトクをすることが多。江戸時代の版本をすらすら読めるというだけで教養の奥行きが偲ばれ、人に尊敬される。女にもてる。変体仮名で女を落として変態行為にふけったつわものもいる。江戸時代にはまだまだ知られていない神法道術、まじなひ、密教、占術などの秘書が存在するので、変体仮名を知っていると古書展などで思わぬ拾いものをすることも出来る。また逆に言うと、教会や道場を構え、かりそめにも「先生」とよばれる人は変体仮名をすらすら読めないと思わぬ赤恥を書くことになる。ところが、変体仮名を学ぼうにも、従来の入門書は対象となるテキストが国文学関係のものばかりなのでまったく面白くないために、だいたいが長続きせずに諦める人が多かった。そこで大宮司朗先生が神法道術に関心のある方を対象に、呪術の古典『新撰咒咀調法記大全』の天保13年刊行の木版本を上段に、明治31年刊の活字本を下段に配し、対照して読めるように工夫されたのが本書である。禁厭、呪術、霊符を学びながら、自然に変体仮名が読めるようになる、まさに一挙両得のお勧め本と言えよう。【主な内容】一切の病災を除く法、男女和合符、家に鬼疾邪瘧を除く法、万人和合愛敬の符、方祟を除く咒文、夫婦和順の符、狐憑きを落とす方、諸々の化生を除く方、商売駆け引きに利ある符 etc.
神道六合流柔術の全貌を公開!
奥秘 柔術教授書
龍之巻・虎之巻・特科虎之巻 合本
野口一威斎(潜龍軒)=監修
定価12,000円+税
A5判 上製 クロス装幀 函入
本書は、『武術最高極意』と同様、野口一威斎(潜龍軒)の監修で、帝国尚武会より大正初期に刊行された『柔術教授書 龍之巻・虎之巻合本』『柔術教授書 特科虎之巻』を合冊にしたものである。神道六合流柔術の技法を豊富な写真(約600点)によってあますことなく伝えるもので、950頁超のボリュームになる。「龍之巻・虎之巻」では、柔術と学理、柔術独習法から説き起こし、神道六合流の実地活用的正技である投技、抑技、締技、当技、活法、整法を解説しているが、「斯道の素養なき者をして、その妙技神術を会得せしめん」と序文にあるように、写真を多用しつつ平易な表現で説いているため、初心者にも理解しやすい。さらなる奥儀を望まんとする者は、変化の型式を説いて技の応用法を詳かにし、次に奥儀秘伝の技を示し、終わりに柔術の真髄を明らかにした「特科虎之巻」を精読するとよかろう。なお、大東流と類似の技法もかなりあるので、大東流研究者も必読。

これがホツマの決定版!
増補完訳 秀真伝 上下巻
鳥居 礼=著
定価28,000円+税(分売不可)
◎ホツマ研究の権威・鳥居礼先生の長年の研究成果を集大成
◎原文・題意・注釈・現代語訳を収録した決定版
◎誰でも読める平易な現代語訳による全訳と詳細な注釈
◎超古代史ファンはもちろん、古神道、霊学の徒は必読必備
◎明解かつ多岐にわたる解説と便利な付録(系図・年表・地図)
◎今回の増補版では4000項目の索引を追加


最強気合術の決定版!
江間式心身鍛練法講義 上下巻
江間俊一=講演
定価5,600円+税(分売不可)

松本道別、田中守平と並び「霊界の三傑」と称された江間俊一の『江間式心身鍛練法』は大好評のうちに品切れになってしまいましたが、今般さらに詳しく実験談が網羅されている講義録の決定版を復刻することにしました。
170頁程度に凝縮されていた内容が540頁と大増頁になり、語り口の面白さとあいまって、当時の霊術治療の雰囲気がリアルに伝わってきます。『江間式心身鍛練法』をお持ちの方にもお薦めです。
江間式気合術の基本は腹式呼吸法と禅式の静座法で、さらに熟達すると気合術によって第三者の霊魂九識を操作することが出来るという。本書にはその実例も多数紹介され興味深い。なお、江間式気合術は温良な性質の人よりも煩悩執着心の強い人のほうが効果があるというアクティブな技法であるという。また、江間が、横綱大錦が三段目のときに坐骨神経痛を一発の気合で治療し、さらに五十七回にわたり気合をいれてその霊力を呼び出し横綱への道を歩ませた逸話は有名。

【収録内容】
死者復活法の実験談、心霊九識の各作用、不動金縛の痛快な実験、氣合特別治療法、間接治療法、最大入念治療法、江間式の真髄と目的、二大能力鍛錬法の発見、腹式呼吸法の初傳と奥傳、切腹犯人が見事に蘇生、無病長寿法、判断力を養成する静坐の方法

注文数 セット

宮地神仙道の第一級資料を満載!
DVD版 神仙道 宮地神仙道機関誌
 (PDFデータ)
定価9,800円+税
清水宗徳=編 大宮司朗=監修

注文数 セット
[ 買い物カゴの中身を見る ]
宮地水位大人より宮地神仙道の道統を継承された清水宗徳先生のもと、神仙道本部より刊行された道士向け機関誌『神仙道』を電子メディア(DVD)で覆刻。パソコンで読むことが可能です。原本は、機関誌ということもあって文字が大変小さく組まれており読みにくいのが難点ですが、それを書籍の形態ではなく電子メディアにすることによって、拡大、スクロール等が可能になり、判読性も増しました。昭和25年3月2日発行の創刊号から昭和34年6月30日発行の第70号まで、ならびに臨時号(157号、158号、203号、210号)を一挙収録。宮地水位、宮地常磐、宮地厳夫をはじめ、清水宗徳、溝川古鏡、美甘政和等の著述を中心に、宮地神仙道の奥秘があますところなく網羅されています。巷にあふれる有象無象の心霊本を濫読するより、本DVDの内容を眼光紙背に徹すがごとく読破されることが、玄学修道の近道であるといえましょう。
※PDFデータになります。最新のAdobe Readerをダウンロードできる環境であれば問題ありません。お手持ちのパソコンで読めるかどうかは、弊社までお問い合わせください。
※なお、Adobe Readerの検索機能を使った検索が可能です(あくまでオプション機能です。旧字旧仮名の復刻版ということもあり、検索機能は完璧ではありません)。
主な収録内容
異境備忘録補遺 前編(清水宗徳)/易経に啓示されたる鎮魂帰神の玄義(溝川古鏡)/雲笈七籤精英(溝川古鏡訳註)/葛仙翁の仙道(清水南岳訳)/奇火叢談(宮地堅磐)/玄学異名蒙引(宮地堅磐)/玄道或問(宮地堅磐)/玄学枢要学仙篇(宮地堅磐)/古今相神論(古鏡隠士)/実在する幽界(物集高見)/頤生輯要(貝原篤信集録 竹田定直編)/憑霊審神録(宮崎大門)/巫医大意(宮地堅磐)/和漢再生叢談(宮地堅磐)/呂洞賓傳(幸田露伴)/列仙画伝(王世貞輯 編集部訳)/霊魂妙用論(溝川古鏡)/霊祟談異(清水南岳)/霊魂帰着の幽理(千家尊福)/霊・気・質之説(美甘政和)/龍神考(宮地堅磐)/陽神と陰神(宮地厳夫)/幽霊叢談(宮地堅磐)/明鏡録(溝川古鏡)/福寿の神呪の霊験(今井清智)/桃の神秘に就て(古鏡隠士)/天地開闢考(美甘政和)/天狗叢談(宮地堅磐)/丹砂考(溝川古鏡)/大国主神(美甘政和)/大穴持神御法の由来(宮地水位)/宇宙生成の根本理法(清水宗徳)/仙籍真語(清水南岳編)/仙薬茯苓を服して地仙と成る(宮地東嶽)/仙人食物篇(宮地堅磐)/仙人下尸解法訣(宮地堅磐)/仙去の玄法(清水南岳)/仙境叢語(宮地堅磐)/仙境異聞の研究(清水南岳)/青真小童君伝集録(宮地堅磐)/静坐より胎息へ(今井清智)/世界太古伝実話(宮地厳夫)/水火宝珠(古鏡隠士)/神僊真形図施行法(宮地堅磐)/神霊妙有奇談(宮地厳夫)/水位先生と方全先生(東方道人)/神仙霊含記抄(宮地堅磐)/神仙要言録(清水南岳)/神仙守庚申法(清水南岳)/神人感合説(宮地厳夫)/神術玄妙之幽理(美甘政和)/重生変化録(宮地堅磐)他/


神道関係者必携の宝典
神職宝鑑
定価6,800円+税
半井真澄=編
A5判 並製 カラー図版多数
注文数 セット
[ 買い物カゴの中身を見る ]
題名どおり、神職にとって必要な知識を神体、神社建築、調度品、祭器、楽器、祭儀、修祓、神饌、祝詞、祭服、作法という観点から詳述。こういう本はありそうでなかなかないもので貴重。
特に「祭典」編には、標準的な神前作法が詳細に記されているので、一家、一門を構えようという志のある方は必備の1冊である。説明はかゆいところにまで手が届いている。人間であるからいかに祭儀を厳修しようと努力しても間違いは起こりえる。たとえば祭典中に誤って勺を落としたときはどうするか。神社神道、教派神道それぞれに祭式の教則本はあるが、こういう場合の対処法までは書いてない。本書は「誤て笏を落しゝ時物を持ば之を下に置き笏を取て揖し再び物を取て揖して立つべきなり」と明快に指導する。こういうところが本書の偉いところで、いまでも気のきいたプロの神職は、本書を座右に置きまさに宝鑑としているのである。また、木版極彩色図版が豊富に収録され、見るだけでも目の保養になる。
眼前にホログラム映像を投射した驚異の神人
高橋宥明上人神変記+長南年恵物語
大橋博吉/浅野和三郎=著
定価2,800円+税 A5判 並製
高橋宥明上人は江戸末期に山形県の寒村に生まれ、32歳のときに山中で異人に出会い、類まれな霊力を授けられた。以来、各地を放浪し、多くの病人を癒し、さまざま妙術を行ったが、ほとんど世に知られることなく大正3年にこの世を去った。宥明上人は人々の眼前でテレポートしたり、水上を歩いたり、さらにいあわせた全員の眼前に遠方の風景をホログラムのように映し出すなど、その能力は通常の「超能力」の範疇をはるかにこえるものであったが、もっとも得意としたのは「投筆」だった。書いてもらいたい人は紙を軽く巻いて帯封をし、神棚や仏壇に立てかけておく。宥明上人はまったく他の場所で、依頼者の名前を唱え、筆先に少し墨をつけ、1mほど投げる。すると、不思議なことに封印された紙に「龍」や「大黒天王」などの文字や鳥の絵が描かれていた。本書は宥明上人と親交があり、驚異的な神変現象の数々を目撃した大橋博吉陸軍大佐の貴重な手記である。
長南年恵(おさなみとしえ)は、やはり幕末に同じ山形県の鶴岡に生まれ、20歳のころからほとんど食事をせず水しか口にせず、空中から神水を自在に取り出した謎の女性霊能者。
なお、『高橋宥明上人神変記』は、昭和15年版を復刻、『長南年恵物語』は活字に起こした。
注文数 セット
[ 買い物カゴの中身を見る ]


古流柔術の殺法と活法を極める
死活自在接骨療法 柔術生理書
井ノ口松之助=著 A5判 並製
定価2,800円+税
本書は、天神真楊流・吉田千春より手ほどきをうけた井ノ口松之助が、医学専門家の意見を参考にしつつ、生体に及ぼす殺法・活法の生理的効果についてまとめた極めて貴重な書。真楊流以外の柔術各流派師家にも秘事・口伝を伝授された井ノ口は、それらを惜しげもなく公開しており、柔術関係者のみならず、広く古流武術を学ぶ者、柔道整復師、整体関係者等も、必ず書架に揃えておくべき書である。「烏兎ノ殺」、「人中ノ殺」等の當身の術、「吐息の活法」、「淺山一傅流」、「渋川流」、「起倒流」活法の他、蘇生術、救急療法、接骨法、薬用法、乱捕常の心得、締込などを集録。なお、本書は明治32年再版本を底本とした。
注文数 セット
[ 買い物カゴの中身を見る ]


巻末の周天法関連秘図93点のみでもきわめて貴重!
宮地水位の秘書がわかりやすい現代語訳で読める道福!
神仙養生法
大宮司朗先生=編・訳・著
A5判 函入 クロス装
定価7,800円+税時限限定特価6,800円

注文数 セット
[ 買い物カゴの中身を見る ]

【収録内容】
仙家秘訣無病長生法(川合清丸) 現代語訳
神仙房中法(宮地水位)  現代語訳
神仙導引気訣(宮地水位) 現代語訳
仙人食物篇(宮地水位) 現代語訳
仙人長寿法(大宮司朗解説)
神仙秘伝周天法(大宮司朗解説)
【特別附録】仙佛合宗(伍冲虚/写本)
【特別附録】周天法関連秘図

導引法、灌水法、観念法、吐納法、房中法等、神仙によって伝授された養生法を網羅した決定版!
神仙・河野至道寿人から川合清丸に伝授された「仙家秘訣無病長生法」、数多の仙書から房中法の密訣を探り、その要諦を編述した「神仙房中法」(『神仙秘書』にも収録されていない)を始めとする宮地水位大人の遺された書「神仙導引気訣」、「仙人食物篇」……以上四点は、わかりやすい現代語訳にして収録。
その他、大宮司朗先生が、白隠禅師の内観の秘法、軟酥の法を紹介した「白幽仙人長寿法」、玄胎凝結の基本行となる周天法を解説した「神仙秘伝周天法」を収録。
また、巻末附録として、周天法の基本図書である伍冲虚「仙佛合宗」の筆写本を復刻。加えて周天法関連秘図93点を収録するなど、盛りだくさんな内容になっている。
読者の声
☆なんとあの宮地水位の著書がわかりやすい現代語訳で読めたのは画期的でした。(三鷹市・立花薫さま)
☆周天法は観相的な要素に左右されるので巻末の秘図にはたいへん役立ちました。(宮城県・遠井義之さま)


霊療術の総合指南書
霊掌綜合療法伝授書
横井蘇堂=著 A5判 並製
定価2,800円+税
生氣自強療法で著名な石井常造の門下の著者が、大正年間から昭和初期の療術家が行った各種療法について、師に就いたり書にあたりながら研究を重ね、「霊掌綜合療法」としてわかりやすく体系化した著である。前半部においては、催眠術、気合術等の心霊療法に始まり、鍼灸、光線療法、電気療法、紅療法、枇杷葉療法、呼吸療法、指頭圧迫療法、カイロプラクチック、オステオパシー等の物理療法など、霊掌術以外に渉猟した特殊療法を解説し、後半部においては、「霊掌綜合療法」の病患部触知法、霊掌療法、霊感透熱療法、力圧療法、霊氣自動療法の五つの治術に関して、逐次、その原理修養体得法、応用方法、操作法、治病効果についての実験例を述べる。石井常造や大山霊泉、石抜霊覚等の先人の理論をうまく取り込んで一般の人間にも理解できるようにまとめている(とはいえ旧字旧かなです)が、滅多に古書市場に出回ることのない稀少本なので、療法・療術家およびその研究家の方々も書架に備えておことをお薦めする。
霊的達人治療家による健康治病の宝典
自彊術/自彊術の解説と実験談
中井房五郎=著/十文字大元=編 A5判 並製
定価2,800円+税
自彊術は、透視能力を持った天才的治療家・中井房五郎が自らの治療術を元に創案した日本最初の健康体操で、実業家・十文字大元の後援によって大正〜昭和初期に急速に広まった。本書の同人序文に「其法たるや、其直覚悟入せる生理病理の秘鍵に準拠して、骨格を矯正し、筋肉を伸張し、血行を疏痛し旺盛ならしむるものにして、自ら彊めて息まずんば、自ら強うするに於て遺憾あるなく、名けて自彊術と称す」とあるように、「自彊術」は十文字の命名といわれている。
本書は中井房五郎『自彊術』(大正5年刊)と、十文字大元編『自彊術の解説と実験談』(大正14年刊)の合本復刻である。『自彊術』は、31の基本動作で構成される,治療体操の図解と注意点のみの内容であるのに対して、『自彊術の解説と実験談』は、各々基本動作の詳細な解説を中心に、後藤新平ほか著名人の実験報告を加えたもので、前著の足りない部分を補完している。療術家はもとより霊術家の方も貴重な原典として書架に置かれんことを願う。
筮竹いらずの究極の易占法をわかりやすく解説
梅花心易即座考
羽化仙人=著 柄澤照覚=校閲 A5判 並製 復刻版
定価2,800円+税
「梅花心易」とは、卜筮を使用せずに占断を導く妙法で、中国・宋時代の邵康節が大成化したものである。黙って座ったまま客の来意や年齢をずばり当てるといったことは、本来、筮竹が無くとも可能になるという。
筮竹等の道具は、神意をよりビビッドに感得するためのアンテナのようなものであり、その存在を否定するものではないが、本来、周りのあらゆる事象を注意深く観察し、その奥に隠された神意を自ら紐解いていくことこそが易占の本質であり、「梅花心易」こそは、まさに究極の易占だというのである。
本書は、催眠術や心霊学の研究家・渋江保(羽化仙人)の著作で、柄澤照覚が校閲している。年月日時より卦と爻を読み解き、互卦、之卦、五行相生相剋、五親相生相剋比和、卦象より判断するのはもちろん、鳥獣を見聞して自他の吉凶を断ずる法、音声を聞く、また形状及び色彩を見て吉凶を断ずる法、人の依頼に応じて占う法、静物の占法などを収録。婚姻、妊娠、求職、一攫万金、衣食住、移転、外出、訪問、待人、盗難被害、紛失物、功名、入学、競争、疾病、天候等の占法を詳述している。
附録:高島呑象先生釜鳴の心易
高島呑象が編纂した、ありそうでなかった易学の字典
易学字典
高島嘉右衛門・柳田幾作著 A5判 並製
定価3,800円+税
『易経』を紐解くにあたって、易学特有の文字の意味を通常の字典で探ることは不可能に近い。もちろんかの『大漢和』においても十全ではない。本書においては、易学特有の文字を「天文」「地理」「時令」「人品」「身体」「弁名」「器財」「衣服」「飲食」「宮室」「人物」「数量」「禽蟲」「草木」「畳字」の15門に分け、彖爻に用いる文字を列記し、その他、虚字・助字・実字などの経伝に散見するものは、通常の字書のように部首ごとにまとめてその意味を解説している。たとえば、「天文」に属する項目中の「沫」という字には、「日中見沫ハ、豊ノ九三ノ爻辞ニ出ヅ、沫ハ斗杓ノ後星ニシテ小ナルモノナリ」とある。ここで、「雷火豊」の九三の爻辞中に見られる「沫」の意味が明らかになり、他所で出てきた場合にもその意を理解して全体を読解できるようになる。高島嘉右衛門と柳田幾作という易の大家の編んだ、古書市場でも非常に入手しにくいレア本ということもあり、『増補 高島易断』を始め、易を真面目に勉強されておられる方に副読本としてお薦めする次第です。
法力無双の真言僧にして気合術の達人
病気治療印(真言)を網羅した秘伝書を公開!

熊嶽人身自由術秘法
濱口熊嶽=著 菊判 和綴
定価9,800円+税
濱口熊嶽(はまぐち・ゆうがく)は、明治11年、紀州北牟婁郡に生まれ、幼時には既に透視能力を有した異端児として名を馳せ、後に那智山にて実川と名乗る不思議な人物(神仙?)に弟子入り・修行し、その極意を伝授された。法力を自家薬籠中のものにした熊嶽は、和歌山市安養寺の住職を経て、大阪に祈祷所を開設、噂を伝え聞いた患者たちに病気治療を行いつつ、各種の講義録を発行するに至った。熊嶽は、所謂「気合術の達人」でもあり、大正期の霊術ブームというと、必ず名前が挙がるほどの人物であるが、近年刊行物になったのは自伝的要素のものばかりで、その霊術秘法の実態は深いヴェールに包まれていた。真言密教の術をベースに、「どんな人間でも自由自在にする事が出来る」という意味で「人身自由術」と名付けた熊嶽が残した本書は、大日本天命学院から発行された巻物を和綴にして復刻したものである。300種以上の多様な病気・病状・心身の状態を封じる印・119印を真言(呪文)とともに公開し、この病気の時はこの印(複数の印)を結ぶと明示している。療術家の方はもちろん、一般の方も活用できる貴重な宝典であることは言うまでもない。

幻の鎮魂法伝書を公開!
鎮魂法伝習録
小西雲鶴=著 
定価 3,400円+税
A5判 並製 孔版復刻
小西雲鶴は神道天行居系の武内雲明の弟子で、大正末から昭和にかけて兵庫県有馬郡波田村で栖雲居修霊学会を主宰した修道士である。本書原本は、鎮魂法の秘事について天行居伝の降神詞、昇神詞をふくめ実践的にかなりつっこんだところまで明らかにした貴重な伝書であるが、なにぶん孔版刷少部数のため、これまで入手はきわめて困難であった。鎮魂法に関する書籍はいくつかあるが、それぞれ特色があるので、なるべく各種取り揃え、自分にあった方法を会得することが上達の近道である。附録に某高房の手記せる秘書「日文鎮魂本義」および落合直澄の「日文問答」が収録されているのも貴重。(主な内容)鎮魂法の沿革とその原理/神道の霊魂観/鎮魂法実修上の注意/鎮魂玉・服装等に就いて/修法の座法と結印法/鎮魂修法の行事法/鎮魂の妙趣とその応用/鎮魂祭に就いて/帰神法に就いて/帰神法行事概要etc



易で占う悪因縁の根源
周易埋物霊祟秘伝・易学霊祟咎障秘録
陽新堂主人=著 A5判 並製 復刻版 定価3,800円+税
 本書は、天才的な易の大家・大島中堂師が、霊感に自信のない占い師のために、心霊相談を受けた場合にどう判断するかという視点から書いた幻の指南書です。実際、霊感がなくてもこれ一冊をマスターすれば大丈夫とまで言われ、プロの占い師のあいだでは絶対に同業者には教えたくない幻の秘書として珍重されてきたものです。それがこの値段での復刻ですのでお見逃しなきようお願い致します。
『周易埋物霊祟秘伝』は、易の64卦と384爻ごとに、家相ならびに建築物、及び埋物の場所等を明示し、その地相家相に伴う神仏の咎め、障り、方災、生霊、死霊、その他諸々の霊崇(霊的悪因縁)を詳細に解き明かし、『易学霊祟咎障秘録』は、霊崇を基本としながら、春夏秋冬の占い、面相、失物、待人、婚姻、胎孕、医方、病気にまで占断が及ぶ。なお、プロの方には言うまでもないと思うが、個人的に本書を活用する場合の注意を述べておく。本書はあくまでなにか身のまわりによくないこと、不吉なことが起こっている場合に、その霊的因縁を探るためのものであり、「この卦が出たからこの悪因縁がある」と、何でもかんでも祟りがあると思い込む必要はない。自分の思い込みだけで不調になっている人も多いので、老婆心ながら付け加えておく。
  なお、実際に悪因縁の原因らしきものについて心あたりが得られた場合は、八幡書店では霊符、神折符、五嶽真形図、印等、祟りから護ってくれる本や霊物を多数取り揃えているので、それらをご活用頂きたい。とくに『神易護符カード』は、実際に出た卦に相当する護符カード一枚を持ち歩くことによって、あらゆる災難から身を護ってくれる重宝なものとして人気沸騰中である。
※『周易埋物霊祟秘伝』は活字、『易学霊祟咎障秘録』は孔版になっております。貴重書につきご了解ください。


霊験威徳広大なる神人感応術
大霊降神法秘書
柄澤照覚=著 A5判 並製 復刻版
定価2,800円+税
柄澤照覚が自ら神誠教会で行った降神法の次第を後世に遺したもので、一般公開を禁じた手書き原本を復刻。特に道場・教会を主宰されておられる方には、理論篇、実践篇ともに参考になろう。
【実践篇の内容】 信者と教化者との区別、宗教家の機根、入門の予備行事、初心の発願、聴聞決択、大誓願、情実厳断、懺悔更生、修行用具、入門式、主神奉安、入殿式、実地修行(水想観、調気法、清浄神聖観、神威霊験観)、鎮魂行事、食事綱領、物忌行事、祈祷法の概綱(潔斎の原則、装殿法の一班、禁護修祓行事、神明勧請式、祈念及送神法)、神道護摩法など


大本神話とスサノオの謎
著者遺稿9本を追加収録した増補決定版
増補 スサノオと出口王仁三郎
出口和明=著 四六判上製
定価2,400円+税

『霊界物語』を軸に、高天原神話の深層から瑞霊=スサノオの復権を論じ、秘められた五十音図のアナグラムからスサノオこそが世界救世の神であるとした大本教学の基本文献。本書を読まずして、出口王仁三郎を語ることはできないというぐらいの名著である。しかも、今回の増補にあたっては著者遺稿9本をあらたに追加した。つまり旧版を持っている方も、これはお買いになったほうがよろしいということであります。【追加論稿】『霊界物語』と「筆先」/大蛇退治の段/高姫と福島久/九月八日のこの仕組/錦の宮とイソ館/厳瑞二霊と変性男子・女子/兇党界と妖幻坊/神素盞嗚大神と山上の神訓 「神仏無量寿経」と「神力と人力」


幻の田中気学の秘伝書を一挙収録!
氣学密義
【収録内容】氣学入門・九氣密意・九氣建築学・大氣薬用必携
田中胎東=著 A5判 上製 豪華クロス装幀 美装函入 約800頁
定価15,000円+税
通常の占術では、生まれた時の星回りによって運命や性格が定められ、それを自らの力で変えていくことは難しいとされている。だが、田中胎東の伝える「氣学」は、母胎から生まれ出た瞬間に呼吸して保持された氣(本命の氣)の成分比率によってある程度性格や運命が賦与されるものの、大氣の中の成分を後天的に吸収することによって、各個人の運命が変わりうるとする学問・占術である。すなわち、吉方位の祐氣を用いることによって、運気を向上し、商売繁盛や人間関係の円滑化、病気治癒等に結びつけることが可能となるのである。
氣学研究における泰斗・田中胎東の重要秘書四書を一挙収録した本書は、氣学を学ぶうえで絶対必読の書であったが、当時はごくごく限られた門人にしか配布されず、幻の氣学秘伝書と呼ばれていた。弊社では、昭和4〜8年頃に相次いで刊行された四つの秘伝書を一冊にまとめて復刻することとした。
氣、性霊、吉凶、天干地支と九氣、五氣生々の順逆、本命の撰知、九氣の祐尅と神殺、遁甲、三合、線路、四浄土等の氣学の基本概念について述べ、四盤表を網羅した『氣学入門』、宇宙の幽玄、森羅万象の基因から説き起こし、九氣の妙意から四盤の運用までを述べた『九氣密意』、
建築物の敷地、装飾、窓、部屋、天井、屋根、厠、井戸及び水道、玄関、神棚、庭、金庫等の位置と九星の秘象とを結合させた『九氣建築学』、空氣の内に清澄純粋なる祐氣と発病に関わる尅氣があるとし、大氣を営養とする健康法、および大氣を医薬とする治療法を平易に説き、病の九大別表、病原表、大氣薬用表、各人の病種別大気薬用表を付した『大氣薬用必携』を収録。


凶運を吉運に、吉運を大吉運に!
神易護符カード
大宮司朗先生=監修
函入 89mm×127mm 64枚+付録
定価4,800円+税
神易は、古くは太占、また大真道(ふとまち)といって、日月星辰の運行、森羅万象の生成変化などを支配する天地の玄則に則って、天神である皇産霊神が大国主神に教え伝えた日本古来の神術である。何か事をなすに当たって、あるいは人知を以てしては悟り難いような問題に直面した場合に、この神術を以て天神の幽意を質すのである。平田篤胤は、大国主神が古代中国に渡って伏羲として神易を制定したが、現在流行している周易はその後変形していったものであるとしている。
この神易護符カード64枚は、人生の重大事に際してどのように行動すべきかを知りたいとき、また、日常生活においてもその日一日の指針を決めたいときに、シャッフルし1枚を抜き出して使用するものである。各々のカードには、大宮司朗先生の監修により、平田篤胤がその研究を委託した高弟・生田万の『古易大象経伝』に基づき、神易六十四卦の意味、その卦を得た場合の心掛け、行動の指針を記し、加えてその卦に対応する霊符を配している。その出たカードの啓示にしたがって行動するのはもちろん、そのカードを所持することによって、霊符の効能もあいまって、凶運を吉運に、吉運を大吉運に変化させることができる。まさに古今絶無の最強護符カードであるといえよう。

特別付録
厄除護符カード+カードケース
持ち歩くためのカードを収載可能なカードケース(2枚収載可能)と、厄神斎(厄除護符の札)を付録としておつけします。


密教の秘印400法をCG画像で網羅!
密教秘印大鑑
白 日孔=監修
定価7,800円+税 B5判 並製
密教秘伝書『図印集』の秘印401法に六種拳・十二合掌を加えたあるゆる密教印を高精細CGで三方向からわかりやすく俯瞰し網羅した画期的な宝典。従来のイラストでは死角になって見ることのできない角度からも確認することができるので、プロはもちろん初心者にも大変重宝。阿弥陀根本印、八葉印、勢至印、八大明王、成就一切明印、本三昧印、光明真言 五色光印、外五鈷印、聖観音、竜王、理趣経段段印、虚空蔵菩薩、不動独鈷印、金剛吉祥印、如意宝印、剣印、烏枢沙摩印、荼吉尼、水天、十二天、大黒天神、金剛合掌、帝釈、不動剣印、普賢外五鈷印、八大童子、般若菩薩大慧刀印、毘沙門、焔魔天、結印ほか。


NEW! 神意解釈に重点を置いた易学秘蘊書
易学速成講義録
大島中堂=著
定価 12,000円+税
豪華クロス装幀 美装函入 総1000頁
真勢易を研究し、大正から昭和にかけて天才的な易の大家と称された大島中堂の著作を復刻。中堂は、周易卜筮は天地神明に問うて未来の吉凶禍福を予知するためのもので、神意表現→神人交渉→神告解釈のプロセスをへてようやく到達する、一種の宗教であるとしている。本書は初学者のための講義録の体裁で四部構成になっており、「周易講義」において彖爻十翼の経文を解釈することはもちろん、神意表現の方法である六十四卦の卦象を「象法講義」にて講義し、神人交渉の方法である分卦 帰の筮法を「筮法講義」にて示し、神告解釈の方法である得卦の吉凶悔吝を見定める占法を「占法講義」にて明らかにしている。とかく易経の解釈のみで、象法・筮法・占法についてはおろそかになっている易学書が多いなかで、本格的に易の神髄を学ぶことができる書であるといえよう。全くの初学者には難しい内容ではあるが、総ルビなので大正の著作とはいえ比較的読みやすいので、書架に加えられて日々の研究に使われることを祈念する次第である。

大祓に秘められた言霊と数霊の密意!
大祓に秘められたる純粋日本学講義
武智時三郎=著
定価3,800円+税 A5判 並製
秘教的言霊学は、中村孝道が天保5年に『言霊或問』を、杉庵志道が天保12年に大著『水穂伝』を発表したあたりからはじまる。この両者が言霊学の二大霊統で、孝道の系統は大石凝真素美によってより神秘化され、出口王仁三郎はそれを『水穂伝』とあわせて大本教学のうちに取り入れた。また大石凝の系統は水谷清、水野満年、朝倉尚絅へと継承されたが、武智時三郎は、この二大霊統の影響を受けながら、それとは別個に独特の言霊学の体系を発展させ、さらに数霊という考え方を導入し、「言霊を母とし数霊を父として天地が造られた」(三村三郎『ユダヤ問題と裏返して見た日本歴史』)と主張し、岡本天明(岡本天明を北伊勢の菰野に招いたのは武智時三郎)、小笠原孝次などに大きな影響を与え、独自の神道霊学の一派をなした。武智によれば、大祓の太祝詞事とはまさに言霊五十音図そのものであり、本書はその独自の言霊・数霊理論を縦横無尽に駆使して大祓詞の各段の密意について釈義したものであり、大祓詞に関する特異な研究書として知る人ぞ知る稀書である。原本は昭和15年にごく少部数刊行されたもので、ふうつの方はまず古本屋でも入手不可能なので、以前より復刻の要望が寄せられていた。こういう本はいったん品切れになると重版はたいへん困難なので、大祓詞はもとより、言霊、数霊について関心のある方は必ずこの機会に揃えておいて頂きたい。

空海・日蓮が修得した超絶記憶法を公開!
虚空蔵菩薩求聞持法
白 日孔=著
定価2,800円+税 A5判 上製
空海および日蓮という偉大な先人が修得したとされる虚空蔵菩薩求聞持法を本格的に公開。印刷技術のない当時は経文等を暗誦する必要があり、一度見聞きしたことは絶対忘れないような能力(聞持感能)を身につけるのも修行のひとつであった。虚空蔵菩薩求聞持法は、虚空蔵菩薩を念じることによって記憶力を飛躍的に高めるもので、古来より密教系の行者によって修されてきた。
本書においては、儀軌『仏説虚空蔵菩薩能満諸願最勝心陀羅尼求聞持法』を次第として改めて公開し、プロはもちろん、在家まで活用できる。求聞持法において重要な呼吸法から阿息観、阿字観、月輪観瞑想法もわかりやすく解説。また、「求聞持法簡略法」も収録し、一般の人にも便宜を図っている。
なお、虚空蔵菩薩は、如意宝珠を仏格化したもので、大日如来の変身であり、虚空蔵菩薩念誦法を一度でも念ずれば、諸願は必ず成就するという。また、福徳と智慧の両部を備えた菩薩としている。


霊験あらたかな辟邪桃剣
神剣 布都御魂(ふつのみたま)
定価 15,000円+税
剣袋付き
大宮司朗先生ご修斎 
※たいへんな重秘のものでありますので、剣影を掲載することは控えさせていただきます。頒布された方も、第三者には見られることのないよう神前にご奉斎願います。
※今ご注文いただきますと、11月初旬頃の発送予定です。
神剣・布都御魂は、建御雷神が葦原中国を平定したおりに用いられた神剣であり、神武東征の際も、天照大神の神慮によりこれを得た神武天皇が、その絶大なる力によって国土を平定したとされる。
この記紀に名高い霊妙なる神剣は、悠久の時を隔てて某古社禁足の神域より出土し、その御影代が、しばし明治天皇の命で宮中賢所の雲霧深きあたりに鎮まられた後、かの宮中掌典・宮地厳夫大人に下賜されたという奇異なる経緯を有する。
今般、大宮司朗先生の監修のもと、神剣・布都御魂の御影代をベースに謹製した桃剣を、有縁の方に頒布することとした。桃の木で謹製するにあたっては、各人が持ち運びできるよう、御影代と同一形状のままサイズを縮小した。なお、桃の木は邪気を祓う呪物として珍重されており、『神法道術秘伝』収載の桃陣秘伝、鎮宅桃伝などの修法でも用いられるが、一般の方には入手困難なものである。
この桃剣ひと振りを手にするやたちまち霊威なる力があふれ、諸々の周囲の邪気を一掃する。九字真法(『玄秘修法奥伝』参照)などの神法道術はもちろん、神事を行う際に用いて妙験を得ることができるが、そればかりでなく、運気の停滞を感じた場合などにこの御影代に祈願して、文字通り「運気を切り開く」ことも可能となる。 
なお、神事に用いない場合は、むやみに持ち歩くものではなく、家内に安置し、邪気を祓い、一家一族を鎮護する末代にわたる御霊器として、神聖なる場所に奉斎するのが望ましい。

密教占星学・星祭護摩法の金字塔! 豪華カラー図版入り
密教占星法
森田龍僊=著 
定価 18,000円+税
A5判 上製  豪華クロス装幀 美装函入

知る人ぞ知る密教占星学・宿曜経・星祭法研究における金字塔。とくに星祭の実践法に関してはきわめて詳細。原本は昭和16年に発行されたが、長年入手困難な状態が続き、ために世に密教占星学や星祭りの根本が知られず、○○密教のごときものが猖獗をきわめるに至ったのである。まことに悪貨が良貨を駆逐するである。本書は、さすが高野山大学で教鞭をとった当代一流の学僧が心血を注いだ霊著だけあって、密教と陰陽道の関係から説きおこし、宿曜暦の成り立ちから撰日法、二十八宿、十二宮、九曜、北斗七世と妙見菩薩、星宿の本地垂迹、真言事相の詳細としての星供護摩法に至るまであますところがない。この分野のことに興味のある方とってはまさに必読必備の書である。こういう本の存在を知らない人が、○○密教などを有り難がり、やれ護摩木だ壺だと押しつけられ、そのうちに全財産を吸い取られるのである。格差は無知から生ずるというのが斯道の鉄則である。この『密教占星学』はもとより『高島易断』『霊符秘密集傳』といった先人が心血を注いだ霊著には、それぞれの道を守護する神霊が宿り、無窮の波動を放っている。プロやセミプロの方はこの玄理がわかっているので、手元において読むのとは別にもう一冊を祭壇に祀っているほどである。こういう本は所持しているだけで、天に大いなる財を積み、皆さんの霊的資産を弥益ことになる。それがわずか16,800円である。絶対にこの機会をお見逃しなくご購入頂きたいものである。


実用本位! 護身用杖術の指南書! 待望の復刻!
ステッキ術
江連力一郎=著 
定価 6,800円+税
A5判 上製
通り魔、ひったくり、無差別殺人と物騒な事件が横行しているが、まさか防刃チョッキを着て、用心棒を従え大道を闊歩するわけにもいくまい。そこで登場する究極の護身術がこのステッキ術。著者の江連(えづれ)力一郎は、尼港事件でパルチザンに殺害された同朋にかわって正義の剣をとると称し、大正11年、大輝丸でロシアの帆船をシージャック、配下とともにロシア人船員16人を殺害した大輝丸海賊事件で名を馳せた人物で、剣道五段、柔道五段、空手四段に加え、拳銃の名手でもあった。そういう猛者中の猛者の著書なので綺麗事は一切ない。若き日に修得した金子愛蔵の「心形刀流護身杖術」をもとに、より簡便で実用的なものをと、多年にわたり研究の末に大成したステッキ術のすべてを、懲役20年の獄中(後に恩赦で5年で出所)で遺著として綴ったというだけあって、構え、足運び、打ち方、突き方など、写真や図をまじえての平易な解説は、ずぶの素人でも簡単にマスターできるよう工夫されている。本書をマスターすれば、誰でも杖、ステッキ、ウォーキングストック、傘などを護身用の武器に変身させることができよう。本書の原本は今では実質的に入手不可能である。10万円だすから原本を探してくれといわれても、この底本1冊きりよりないので無理である。少しでも関心のある方はこ機会に必ずお申し込みください。
※本書はあくまで護身のためのものなので、絶対に悪用しないでください。

☆いま、この本がお客様のところに行きたがっています。

増刷出来!
初心者からプロの方まで
古神道系の修法を網羅した実践本位の決定版
神法道術秘伝
大宮司朗先生=直伝
定価12,000円+税
神法道術を志す方は、本書がなければ話になりません。神拝法の裏の技が詳細に説明されているからです。品切れになりますと、増刷するのに2年も3年もかかることになりますので、まだお持ちでない方は、いまのうちにすぐ購入してください。

瑞霊が語る珠玉の真理!
新たに王仁三郎の随筆を加えた増補版として刊行!

増補版 三鏡 出口王仁三郎聖言集
定価2,800円+税
四六判 上製
月鏡・水鏡・玉鏡を一冊に収録! 分類・索引付の決定版!
出口王仁三郎がおりおりに語った説話を網羅。内容は、霊界から太古日本、秘められた神々の世界、世界の経綸、信仰のあり方、霊界物語、時事問題、芸術など多岐にわたり、珠玉の真理がちりばめられている。戦前の機関誌『神の国』に連載され、『水鏡』『月鏡』『玉鏡』と三冊にわけて刊行されていたものを一冊にまとめて収録。あらたに項目ごとに分類し、詳細な事項索引や発表年を付したので、ますます王仁三郎の言霊に触れやすくなった。本書は霊学書、宗教書であると同時に人生の教科書でもある。とくに今般の重版に際しては、王仁三郎がみずから筆をとった珠玉の随筆を付録として追加収録し、増補版として刊行することとした。恋愛や人間関係の虚飾にまどわされない真の幸福の追求を説く「徒然のままに」は、現代の興廃した世相ならばこそ読む者の心を洗わしめ、生きる活力を与え、諧謔味あふれる「海月(くらげ)と鮟鱇(あんこう)」は、詐欺や誇大広告に気をつけよ、と80年の時を経て、現代人に警告を与える。その他「俳道」「茶道」「美人」「吾蝿」などいずれもユーモラスな中に人生の機微をつく王仁三郎ならではのエッセイでなので、旧版をお持ちの方もぜひご購入ください。
門外不出の法華祈祷法を平易に解説!
秘妙五段祈祷法
白日孔先生=著 B5判 豪華クロス装丁 美装函入
定価 12000円+税

法華神道系の祈祷咒法で最重要の五段祈祷法をはじめて一般に公開。霊障による心身の病の因を死霊、生霊、野狐、疫神、呪咀の五段において捉えての命名である。英彦山系修験者や法華神道行者を縁者に持ち、その口伝密儀を継承、密教・修験各流派の奥義に参入せる著者が、法華五段祈祷法の全貌を惜しみなく解説、とくに各祈祷法・符咒ごとに、積善坊流・観音祈祷法流など隠滅した流派や、現代に連綿と伝承される流派を網羅し、その価値は絶大。奥は深いが平易でわかりやすい説明は、初心者からプロの方まで座右の法書として末長く愛用頂けよう。

☆☆主な内容☆☆
[準備編]心構え/五段秘法の大事/御祈祷加持得意/寄り加持/診脈法(五段出侘相の口伝・五指振動法・診脈大事)/引取拭取法/祓いと封じ(筒封じ・神立・詰祈祷・地祈祷・咒縛・幣束・敷符・護符・肝文)
[妙法五段法]死霊段(死霊苻・死霊放守・祈祷苻守之事・死霊筒封の次第・放ち難い死霊の大事・久しき霊を放つ呪い・死霊生霊卒塔婆書・蛇死霊・生霊死霊退散法・悪鬼遠離の守札・生死霊拭取法etc)生霊段(生霊咒咀兼祈念次第・生霊七座祈念次第・生霊死霊兼祈念次第・生霊三枚符・蛇生霊・供物立守十六本・生霊放ちの次第・生霊本還守・生霊離別守etc)野狐段(野狐放ち・野狐祈念・野狐苻・狐著祈念次第・狐憑加持の事・狐憑の見方・狐憑の所へ行って側による時の口伝・狐高神障碍・野狐発見法・野狐祈念法・七狐居所法・狐か否かを確認する法・狐拭取紙)疫神段(疫病加持・神立・引取の事・払い守七本・五段人形守・呪詛人形符・祈祷重々口伝の事、四方祈祷・疫病神立祈念・図法師守・毎年疫病除け符・脈診大事・流行病留めの秘法)呪詛段(祈祷誦経心地の事・呪詛返し祈祷守り・呪詛道切・呪詛返し塔婆の文)各種修法篇(法楽加持・病者祈念・星供養・星供養関連御幣・虫封じ祈祷・夜泣き止め修法・喘息の呪・関節炎の呪・頭痛封じ味噌灸咒・神経痛封じの呪・御符を呑ませるための健康茶・六三除け・年齢と訪問日で見る病気看破法
注文数 セット
[ 買い物カゴの中身を見る ]

増刷出来!
各地の古社・社家に伝承された祈祷法・まじなひを公開!
初心者からプロまで活用できる神法道術の宝典

禁厭・祈祷・太占 神道秘密集伝
宮永雄太郎=著
菊判 豪華クロス装丁 美装函入
定価 13,800円+税
お待たせしました。待望の増刷です。この機会をお見逃しなきようお願いします。再び品切れになりますと、また3年、5年とお待たせすることになります。
☆☆☆大宮司朗先生ご推薦の辞☆☆☆
 霊学・霊術に習熟するには、日々のたゆまぬ修行はもちろんだが、我流に陥らぬよう、できるだけ多くの良書に接することが肝要である。先人が心血をそそぎ体系づけた修行法を学ぶことによって、おのずから応用の道も開け、自分にあった法を見出すこともできる
  また、優れた絵画をたくさん見れば見るほど審美眼が養われるのと同じように、正神界系統の法に数多く出会っていれば、たとえば霊符を見たときに、正神界系のものか邪神界系のものかといったことも自然に審神できるようになってくる。その点、本書は、筋目の正しい行法、修養法、禁厭法が基礎的なところから相当の秘儀、秘伝にいたるまで網羅されているので、修道を志す方はぜひご活用いただきたい。
  なお、この種の秘伝書は実力がついた段階で再読すれば、以前にはとくに重要だとは思わなかった術がじつはたいへんなものであることに気がつかされたりするので、つねに座右におき、拙著とあわせ研鑽に励まれたい。

注文数 セット
[ 買い物カゴの中身を見る ]

1冊でも購入すれば、いいことがあります!
このたびは弊社HPをご訪問くださり、ありがとうございます。弊社はつねにまずDMでのご案内を優先しております。大宮先生ご修法の「御産霊之勾玉守」などDMのみで売切れ、HPでは紹介できなかった品物もあります。まずはぜひ1冊ご購入ください。なにを購入すべきかお迷いの方は右の「幸運のお買い物」をクリックしてください。1冊でも購入されましたら、毎月無料でご案内をお届けさせて頂き、HPではオープンにしていないさまざまな特典が付与されます。下記はその一例です。
1 これから刊行される本を予約特価で購入できるオプション権。これは早く予約すればするほどトクするシステムになっております。
2 特価図書の案内 いろいろな書籍を定価よりかなり安く購入できます。ジャンルは古神道、密教、東洋医学、武道、古代史から辞書、美術書まで毎月ご紹介していきます。
3 古書のご案内 グループ会社・中央書籍販売の古書目録を毎回DMに同封させて頂きます。
神道、密教、易、占い、整体、鍼灸、武道、古代史、オカルト、魔術などを中心に毎月約200点をご紹介させて頂きます。どこを探してもない希少本もふんだんにあり、マニアのあいだで大人気です。


大本神話の痕跡と聖地の謎
九鬼文書の研究
三浦一郎=著 A5判 ソフトカバー 復刻+新組
定価 6,000円+税
本書の原本は、戦時下の昭和15〜6年頃、著者・三浦一郎が、九鬼子爵家の邸内奥深くに潜伏、「開かずの箱」として一子相伝にて伝えられた秘密の古文献を整理、太古史研究の同志に配付すべく数十部を地下出版したものである。その後、古文献そのものは、昭和20年の空襲で焼失、本書は『九鬼古文献』の写本をふくむ唯一の貴重な資料となった。
かつて宮中の「天津神祇殿」に「天地言文」という太古の古記録が奉斎されてきたが,用命2年, 蘇我氏によって同殿に火が放たれたとき、大中臣牟知麿がこれを持ちだし信州に落ち延びたという。宇宙卵モトツワタラセにはじまる奇怪な宇宙開闢伝承と神統譜を伝える。 『九鬼文献』には大本神話との不思議な暗合構造が存在し、超古代史ファンはもとより大本・愛善苑信者は必備・必読。


催眠術・気合術から二天一流まで
武術最高極意
野口一威斎(潜龍軒)=監修
A5判上製 豪華クロス装幀 美装函入
定価10,000円+税
既刊「武道極意」「武術叢書」に続く、好評の幻の武術古典復刻シリーズ。著者の野口一威斎(潜龍軒)は、神道六合流柔術の開祖で、茨城県筑波郡伊奈村の産、明治三十六年に帝国尚武会を設立。帝国尚武会は講道館流柔道が普及する以前に全国に広まり、その活動は欧米にまで及んだ。通信教育による武道伝授の嚆矢であり、大正5年かに刊行された本書原本も、門弟および通信教育受講者にのみ非売品として限定頒布されたものと推測され、現今では古書店でも入手不可能な稀書である。著者の体験や、各派口伝、伝書をもとに縦横無尽に武術の真諦を説いたもので、表現はきわめて平易で読みやすい。また武術にかぎらず、霊術、整体などの身体技法に関心のある方は目を通しておくと、必ず役に立つであろう。

絶賛大好評!
神仙房中術の秘巻を初公開!
延年益寿秘経

松本道別=著
定価6,800円+税
A5判 並製 孔版・復刻
神仙道におけるいわゆる房中術のテキストとして、弊社刊『霊学講座』で有名な松本道別によって昭和7年に識された。戦前は検閲等の関係で出版が困難で、昭和33年に弟子によってわずか限定48部のガリ版刷で刊行された。本書では老子の房中術および「千金方」を重視し、これらの原文、読み下し、解釈が中心になっている。これは古来もっとも難解とされたものであるが、「仙人以外には吾輩が第一人者」と豪語する著者によるものだけあって、実践面より見た詳細な解説が加えられ、さらに朝鮮金剛山の清玉仙人伝授の房中術、昆崘玄圃の宮殿内から日本白山の仙人に渡された壺を入手した話、霊学道場の修行者に降臨した西王母より伝授された天地太源の神気たる太乙精を吸引する法など、独自の秘術を惜しげもなく公開し、さらに仙薬についても具体的にその効能実験等に言及、また附録として「医心方」房内篇の訳をも全文掲載するという完璧版である。

神 仙
澁川柳次郎=著
定価 4,400円+税 A5判 並製 復刻 500頁
「神仙道の観念を理解するのは、神道の知識だけではなかなか難しい、なにかよい入門書はないか」というお問い合わせがよくあるが、本書はそんな方にぴったり。
天地開闢の盤古神話、東海三神山、西王母と崑崙山、黄帝、十古仙、から唐宋以降の神仙談にいたるまでを網羅。大正13年刊であるが、文章は平易でかつ要点をおさえ、めちゃくちゃわかりやすい。かえって戦前の書物のほうが物事の本質をついているのは不思議である。


釈迦滅後に真伝を失った、幻の大乗修行秘法!
心身解脱 耳根円通法秘録
木原鬼仏=著
定価 2,800円+税 A5判 並製 復刻
「耳根円通法」は、釈迦が『楞厳経』中において、後世、仏教衰退の時期、俗人によって唱導されることを預言し、その言葉通り、原坦山、原田玄龍によって発見、実証され、木原鬼仏によって一般公開になったとされる幻の秘法である。その法とは、耳根より定力を通徹せしめることによって、脊髄より昇流する陀那(魄液)を自在に返流し、末那識(脳において陀那が魄気と和合し下流する流注粘液)の結滞を解き、煩悩や病因を排除する、身心解脱の根本的修行法である。なお、友清歓真は音霊法との類似点に言及している。本書は耳根円通法の原理から修行法、実修法を解説したもので、下記『霊明法講授秘録』『禅学心性実験録/妙智療法秘録』と併読されたい。

仙道の秘技を実践本位に指導!
煉丹修養法
伊藤光遠=著
定価 4,300円+税
A5判 並製 復刻 560頁
煉丹法とは、心を虚無の状態に置くことでまず精を養い、つぎに観想法によって精を気穴=丹田に回収し、神気合一せしめて気穴より真気(薬)を発生させ、周天を行じてこの真気を練り、大薬を得るの法で、ここに至れば目より臍に至るの一路に光が走るのを見るに至る(止火)という。さて、本書は三部構成からなる。まず第一部では、修丹を行うに際してのさまざまな注意を述べたうえで、その実践法の要旨を具体的に述べる。筆者はここで生じた疑問については、第二部を参照熟読せよという。根本禅と煉丹法を対比し、前者は心的過程に重点を置き、後者は体的過程に重点を置くという相異はあるが、その内容において共通点が多いとして、具体的な現象を逐一あげて詳述している点が大いに参考になる。ここで、仏道と仙道の一致を説いた原坦山や白隠禅師を想いうかべるが、筆者によれば、白隠禅師の仙道はせいぜい胎息程度のもので煉丹ではないという。第二部は、本書の眼目ともいうべきところで、清の時代の禅師で神仙道にも通じていた柳華陽が煉丹の秘技を詳説した『金仙証論』を現代語に訳し、初心者でも理解できるように実践本位の詳しい解説を付している。そして、第三部は仙道用語の事典になっており、わからない言葉があればすぐに参照できるので便利。以上のように本書はけっこう本格的な内容であり、作為ある最近の仙人云々の本とはちがい、記述に信頼性があり、安心して読め、また実践できる

指圧の原典と口伝書を完全復刻
指圧法
附録:指圧療法治病秘鍵


玉井天碧=著 A5判 並製
定価5,800円+税
指圧療法の創始者・玉井天碧の古典的名著を復刻。指圧は、日本で発達した独特の手技。古代中国の導引・按矯(古法按摩)や柔道の活法を総合した経験療法として行われてきたが、明治時代に欧米の整体療術の理論と手技を摂取し独自の手技療法として発達、大正年間に玉井天碧が「指圧」と命名、本書によって体系化した。まさに本書こそは指圧法の原典であり、指圧方式、迫圧方式、抑圧方式の基本三技術を詳述、腹内臓器強健法、胸腔内臓器強健法、脳脊髄強健法、身体外面諸器(気管、食道、目、耳、腕、足)強健法、諸病予防法、応急速治法、さらに霊術を応用した霊手指圧療法、指圧療法観心術、指圧療法暗示術等を解説、また症例に応じた指圧点を整理、これから指圧を勉強しようという方でも本書1冊をマスターすればただちに開業できるほどの充実した内容。もちろん開業中の整体、療術関係者は必読必備。しかも今回の復刻にあたっては、著者二十年来の体験・実験・経験により発見した症例別の秘法妙術、口伝秘鍵を述べた門外不出の『指圧療法治病秘鍵』を併収。古書店でも入手不可能な稀少資料であり、これだけでも数万円の値打ち!

天狗・仙人・アイヌを結ぶ点と線……
春日神社巫女の土偶首切の呪法とは?
蝦夷天狗考/蝦夷天狗研究
佐々木船山=著 A5判 並製 復刻版
定価3,800円+税
天狗は、「タクタ」或いは「タコタ」「タンクート」など称する修験道の一派すなわち「タンコタンアイヌ」であり、原初の半神的人類の末裔であると説く稀書。明治45年刊の「蝦夷天狗考」と大正二年刊の「蝦夷天狗研究」の2冊を復刻したが、原本は古書店でも入手不可能な貴重資料。さまざまな類似点を挙げるなかで、著者がもっとも注目するのは、アイヌが「種々の魔法を行う」点であり、明治35年の頃の実話として「ラカン」と称するアイヌが北海道と樺太を自在に往復し、空中飛行の噂があったことや、アイヌの婦人の夜間歩行、アイヌの老人はその移動にあたっては、ふつうの道路を使用せず、目的地まで一直線に移動すること、北見国網走に「ヨシシ」と称する有名な呪術師がいたことなどを述べ、現存するアイヌの日常生活が三千年太古のインド仙人そのままであるとし、春日大社の巫女が維新頃まで極秘に行っていた「土偶首切の呪法」について悪用を恐れ呪文等は伏字になっているものの詳細に紹介し、この呪法の淵源はインド仙人の祈祷法にあるとする。その他、アイヌと支那仙人の食物が共通、アイヌの刺繍は太古世界共通の神符である卍、及び天狗と一角獣をあわせた紋様であること、義経が北海道に逃れたのは鞍馬山の天狗との因縁によるものであることなど、興味深い視点に満ちあふれた稀書。わずか100頁の書物ですが、内容からしてこの値段は高くなく、「土偶首切の呪法」に関する記述のみでも、伏せ字といえども値段だけの値打ちがあるかと思います。

皆神山ピラミッド説の原典資料
天照大神御陵事蹟書
〜皆神山高天原説

宮尾儀角=著 B5判 並製 オンデマンド復刻版
定価5,800円+税
→会員特価4,800円+税
「信濃の国松代町の郊外にある皆神山は尊い神山であつて、地質学上世界の山脈十字形をなせる地であり、世界の中心地点である。四囲は山が十重二十重にとりかこんで、綾部、亀岡の地勢と些しも違はぬ蓮華台である」(出口王仁三郎『三鏡』)
皆神山は『霊界物語』ではヒマラヤ山と相応する聖地・地教山とされ、近年はピラミッド説が唱えられたこともある。本書は、地元の古社、伝承、口碑、地名、遺跡、古典などを詳細に渉猟し、皆神山が天照大神の山陵たることを論じたもの。その結論はともかく、論証の過程で、皆神山とその周辺が神代とリンクする秘教地帯であることが見事に浮き彫りにされ、皆神山=霊地説のルーツともいうべき貴重な資料となっている。大正三年の刊行なので、句点、改行が少なく、判読には多少の道骨が必要であろうが、大本信徒の方、王仁三郎ファンの方、古史古伝に関心を抱く方に必備の書としてお勧めします。本書の原本はどこの古本屋を探してもまず見つかりません。

神通術の全貌を俯瞰
神通術奥儀伝
小野清秀=著 復刻版
定価3,500円+税
著者は、神通術はごく一握りの霊能者のものではなく、心身鍛練によって誰でも達成可能な領域にあると説く。復刻版だが平易に読め、あらゆる神通術を俯瞰し、その修行のポイントを簡潔に述べているので、神通術の入門概説書として初心者にも最適。また上級者には知識の整理にもなる。

不動尊霊験祈祷法
小野清秀=著 復刻版
定価3,500円+税
不動尊祈祷は至心如法に厳修すれば霊験必ずあることは古今その実証は枚挙に暇がない。本書は古来の儀軌口伝にのっとり、不動尊の本格祈祷法から略念法、在家祈祷法にいたるまで詳説。あわせて不動金縛りの術、仏教秘密護摩法についても指導する。これだけの内容でこの値段は絶対お買得。 これもまた品切れになりますと増刷まで何年もお待ちいただくことになりますので、即決断でご購入ください。


幻の催眠術テキストを復刻!
高等催眠学講義録
古屋鐵石=著 A5判/クロス装丁/美装函入/復刻版
定価12,000円+税

本書は大正時代に一世を風靡した霊術家・古屋鐵石が催眠術の初歩から奥義まで、実践本位に解き明かした幻のテキストを復刻。催眠施術室の環境設定/冷やかし及び猜疑心の強いクライアントに対する処置/催眠感性の鑑別法/催眠中に睡眠の混入した場合の措置/暗示を与える際の順序/催眠者に観念運動を発動させる法/幻覚・錯覚を起こさせる法/精神移転法/人格転換法/千里眼/催眠による治病法など、実に微に入り細にわたりノウハウを伝授。なお、本書をきっちり勉強すれば相当の熟達者になることは請け合いであるが、婦女子の誘惑、洗脳など、悪用は厳にお慎み下さい。
なお、催眠術に興味を持たれた方は、弊社刊の松本道別『霊学講座』の「催眠篇」、桑原俊郎『精神霊動』、松原皎月『自然運動法/催眠術講義』をあわせて研究されたい。この種の技法書にはそれぞれ微妙に異なる技法やコツが紹介されているので、いろいろ試すうちにおのずから自分にあった技が身につくというのが斯道先覚者の金言である。

大祓詞、天津祝詞の謎と玄義
天津祝詞考/天都詔詞太詔詞考
平田篤胤/大国隆正 A5判 並製   復刻版
定価3,400円+税
大祓詞中に「天津祝詞の太祝詞事を宣れ」とあるが、その「天津祝詞の太祝詞事」とは何か。賀茂真淵、本居宣長は大祓詞自体のことであるとする説を唱えた。これに対して平田篤胤は『古史伝』で「天照大神から口伝の天津祝詞之太祝詞事という祝詞があり、中臣家に相伝された」という説を唱え、さらに本書『天津祝詞考』では、イザナギが阿波岐原で禊祓をしたときに発した言葉であるとし、様々な古社や神道流派に伝わる禊祓の祝詞を研究・集成し「天津祝詞の太祝詞事」を具体的に選定した。これは単独の祓詞として、大本はじめ道系教団の多くで唱えられる「天津祝詞」の淵源とされる。あわせて収録の大国隆正『天都詔詞太詔詞考』は、天津祝詞=トホカミエミタメ説をフトマニ論から説き起こしたもので、同時に大祓詞の全段にわたり註釈を試みたものとしても注目される。大国隆正=津和野派の国学は後期には顕教的色彩が濃厚になるが、本書は早く天保5年に成立したもので、秘教的宇宙=身体論な解釈が展開されている点で興味深い。なお、『天津祝詞考』は文化12年の木版本、『天都詔詞太詔詞考』は明治33年の活字版を底本として復刻した。大祓詞研究の基本資料として座右に置くべき一書である。

霊界物語はこちら

絶対の霊験、無限の守護!
効果抜群と大評判!
平成27年度
開運五岳符 絶賛頒布受付開始!
大宮司朗先生ご修法 開運五岳符
頒価各1,200円+税 セット5,000円+税

大宮司朗先生ご修法の開運五嶽符。不慮の災いから身を守り、未曾有の困難に打ち勝つ招運の神符。牛糞が天下をとり、貧乏人が幸せになり、お金持ちがますますお金持ちになり、非リア充の人がリア充になるための最強力の護符です。この伝統ある護符の入魂修法には相応の道統と霊力霊格が必要とされ、今日では大宮司朗先生のみしかこれを修する方はおられません。たいへんな評判で地方の神社・お寺さんからもまとめてご注文頂いております。こんな時代であればこそ、どなた様も必ず身に帯びられることを強くお勧め致します。
※いまお申込みになりますと、12月中旬にお届けしますが、新年元旦からお使いください。なお、緊急にいますぐご使用になりたい方はその旨をお申し出ください。効力は年末までですが平成26年度用の符をお送りします。お申し出のないかぎり平成27年度用をお送りします。
【五岳真形図の起源と効果】
【五岳真形図 お持ちの方の声】




NEW お待たせしました。入荷しました!
白山神界、菊理姫、フトマニクシロ……
すべてはここからはじまった!
現代の古神道復興に決定的影響を与えた
幻の裏神道座談会

かみさまのおはなし
金井南龍・笠井鎮夫・米津千之・筑紫正嗣・中西旭=著
定価5,000円+税
B5判 並製

知る人ぞ知る幻の座談会。滝の行者の異名をとった金井南龍が「神理研究会」を創設したのは1970年のことであり、月例の「さすらの会」は、国家神道-神社本庁に対するカウンター神道界の実質的な中枢センターとして機能し、80年代の古神道リバイバルの先駆となった。その精神、霊性のエッセンスは昭和50年12月から翌51年3月まで3回にわたって行われたこの座談会にすべて集約されている。弊社社主もその影響を受け、そこからやがて八幡書店が誕生した。つまり、すべてはここからはじまったのだ!金井南龍を中心に笠井鎮夫(当時・東京外語大名誉教授)、米津千之(同・東京学芸大学教授)など錚々たるたる面々が、神界の枢機にわたる事柄から神秘体験、異界体験、神道史の裏面、神道界の生々しい裏話まで語り尽くしたその濃密さは、いま読んでも、いや今だからこそリアルに伝わってくる。白山神界や菊理姫のこと、フトマニ・クシロ、イキミタマなどすべてこの座談会が元である。明治天皇すり替え説だってすでにこの座談会において折口信夫の高弟だった米津千之が言及しいることからもそこは窺い知ることが出来よう。本書を読まずして、伊勢だとか白山だとか神祇伯だとか称する自称神道家のインチキ本をいくら読んでも、本当のことはわからない。これ品切れになったら2万円になるのでいますぐに注文してください。

NEW 緊急入荷!
<明治天皇=大室寅之祐>伝説の原点!
増補版 裏切られた三人の天皇
鹿島昇=著 四六判 ハードカバー
定価 2,400円+税

特価 2,000円
山口県田布施町に伝わる奇怪な天皇伝承。それは同地の麻郷(おごう)に館を構えてきた南朝末裔の大室寅之祐が、「奇兵隊の天皇」として薩長によって擁立され、明治天皇になったという言い伝えで、村の古老なら誰でも知っていたとも言われている。本書はこの奇怪な明治天皇すり替えにまつわる伝承をはじめて系統的に世に紹介し、孝明天皇暗殺から、明治天皇すり替えに至った闇の歴史に焦点をあてた力作。とくに巻末の「防長における南朝の系譜」「大室天皇家を見張っていた柳生忍者と被差別部落」は興味深い。なお。下記の「かみさまのおはなし」は今から40年前の座談会であるが、そこですでに明治天皇の南朝出自説に折口信夫の弟子であった米津千之が触れているのであわせて購入するとよいだろう。


NEW 待望の人相・手相の原典を活字化
神相全編正義
陳希夷=原著 石龍子法眼=編訳
定価7,800円+税
A5判 上製 クロス装 函入

『神相全編』は、<紫薇斗数><河洛理数><陳希夷導引術>の創始者でもある宋の時代の仙人・陳希夷が著した人相の秘伝書。およそ人相・観相・手相の学は『神相全編』に端を発し、この書なくしては、観相学も人相学も世に存在しなかったと評される原典中の原典である。徳川家光の時代に日本にも輸入された『神相全編』を熟読、自家薬籠中のものとし、観相家として一世を風靡したのが、かの水野南北であった。文化二年に石龍子法眼が内容を改め、石孝安が返り点、送り仮名を付し、注記を加え、木版で上梓したのが『神相全編正義』である。きわめて重宝な1冊であるが、容易に入手しがたく、弊社ではこれを新たに書き下し文として新組刊行することとした。プロとして一家を構えている方はもちろん、観相に興味をお持ちの方は必須の宝典として書架にお揃え下さい。霊感占いや易占を看板にしている方でも、よく的中する方は観相も併用されています。占いは多角的な方向から判断したほうががぜん有利です。こういう原典には斯道の守護神的な働きがあり、すぐに読めようが読めまいが、書架に安鎮しているだけで、知らぬまに上達するものです。なお、現今の手相学は西洋輸入のものを敷衍したものが多く、『神相全編』の手相とは違いがある。そういう点でも本書はさまざまな研究材料を提供する貴重な資料といえよう。

NEW いま世界中で話題の奇跡の石積みアート!
屹立する石群から反重力のオーラが輝く!
その秘密とノウハウをはじめて公開!

あなたもできる奇跡のロックバランシング
ピーター・ジュール=著 武田崇元=訳 今日の話題社=刊
定価1,500円+税
A5判 並製 オールカラー

★いま世界中で注目を浴びつつある神秘的な石の芸術、ロックバランシングのやり方をわかりやすく解説した世界でただ1冊の教則本。表紙の石積みには接着剤はいっさい使われていません。すべて極小の接点でそれ自体でバランスを取って屹立しています。なぜこんなことが可能なのか。本書はその秘密をわかりやすく解説し、その修行の手順をはじめて公開します。
★小さな石の上に大きな石がほんの小さな接点で逆立ちしている光景には、反重力的な奇蹟のオーラが輝き、異界へと誘う力があります。石が不可能と思われる様態で屹立する瞬間、そこには石と人間が語り合い、交感する超越的な何かが作動しています。習熟するにつれ、石の中により調和的なバランシングを創造するのを援助してくれるエネルギーや意識を感じる人もいます。最後には一瞬の入神状態が決め手になります。その意味では、ロックバランシングは精神的な修行であり、神法道術、鎮魂帰神、禅の世界と通じます。局所的なゼロ・ポイントでの静止。不安定のなかの安定。潜在的カオスのなかの静寂。永遠の今――それは神道の「今中」の思想の芸術的表現でもあり、現代人が失った自然との交感回路を復活する有効な手段です。ぜひチャンレンジしてみて下さい。
★「石がもう落下したくない、持ちこたえたいという魔術的な瞬間があります。その瞬間を知ることは可能であり、そこに到達する旅路にこそ、なぜわたしたちが尋常ならざる情熱に身をまかせるのかということの核心があります」(本書28頁)
★「ふつうの大人にとって、石はなんの価値もないものであり、そこで立ち止まる者はいない。しかし、万が一ひきとめられる者がいると、石はその人をとらえてはなさず、取り乱した占星術師のようにしてしまう。石たちはまともに耳をかたむけようとする人々に対して、語りかけつづける。聴く者ひとりひとりの尺度に応じて、石たちは言語をもつ。聴く者の知っていることを通して、石たちは、聴く者の知りたがっていることを教えてくれる」(アンドレ・ブルトン『石の言語』)


神道霊学の金字塔
DVD版 古事記大講
水谷清=著
定価18,000円+税

水谷清は、大石凝真素美の天津金木学、天津菅曾学、天津祝詞学(大日本言霊学)を継承、神を畏れ敬いつつ、同時に明晰な論理性に立脚する独自の方法論によって体系化し、『古事記大講』全30巻を著した。『古事記』神代巻の言霊、天津金木による解読を軸に、密教、ギリシャ哲学や世界の神話、核物理学にまでおよぶ広範囲な知見を参照し、霊的宇宙論、進化論、神聖動物学、植物論、霊的教育論、人体論などを網羅した、驚異的な霊学百科全書となっている。本全集全30巻は、弊社より覆刻されたが現在品切れ。以前CD-ROM版として刊行しておりましたが、今般DVD版になりました。
注意)本商品はパソコンがないと読めません。DVDプレイヤーで見ることはできません。

復活する東洋・和式手相術の極意!
江戸JAPAN極秘手相術
波木星龍=著
定価1,800円+税 四六判 並製

日本の手相術は、大正時代以降に輸入された「西洋式手相術」が席巻しており、「中国式手相術」や「和式手相術」は完全に隅に追いやられているのが現状である。
本書は、プロの手相占い師であるとともに、あらゆる手相術の研究家である著者が、なぜ「和式手相術」は廃れてしまったのか、と問うことから始まり、中村文聰「気血色判断法」、北渓老僊「吸気十体の秘伝」、伊藤通象「求占察知の法」などに触れつつ、「和式手相術」の真髄を開示し、占断実例を挙げながら解説していく。図解も満載で、初心者からプロの方まで理解しやすい内容になっており、「西洋式手相術」一本槍の方にも新たな観方を提供できるであろう。
【収録内容】第1章 さまざまな東洋式の「極秘手相術」を探る/第2章 五行による手形分類法/第3章 江戸時代「手相紋」と西洋式「手相線」の比較/第4章JAPAN手相紋の種々相に基づく判断/第5章 手指の極秘判断法を公開する/第6章 和式手相術の真髄?極秘・気血色判断法/第7章 指紋による運命鑑定


神仙より伝授された禊流神伝の全貌!
全10巻の全集をDVD1枚に収録!

DVD版 川面凡児全集
川面凡児=著
定価18,000円+税
明治期から昭和にかけて、未曾有の古神道教儀体系を開示し、神道界に巨大な足跡を残した神人・川面凡児。凡児は15歳の頃、宇佐八幡宮の奥の院・馬城峰で、蓮池仙人から奈良朝以前の日本最古の神道の道統を伝える禊流の秘事を直授され、山中で3年の修行を積み、自在に幽真界に出入、顕幽一貫せる霊妙なる大玄理を感得、宇宙実相から森羅万象の生成発展、生死の大事に至るまで、これを「祖神の垂示」として一心宣教した。とりわけ、古事記、日本書紀、旧事紀などの霊解をもって、霊と魂の展開帰一の諸相を主軸とした精緻かつ幽玄なる霊魂学の大系を開示、それに基づく古伝の神事としての祓禊、鎮魂の行の復興大成を企図されたことは、特筆されよう。大人の全著作を網羅した全集全10巻は、弊社より覆刻されたが現在品切れ。以前CD-ROM版として刊行しておりましたが、今般DVD版となりました。
第1巻 日本古典神義(本全集中の白眉。霊魂学・鎮魂学を体系的に詳説)
第2巻 日本古典神義(本全集中の白眉。古事記神代巻の幽玄微妙なる霊解を開示)
第3巻 祖神垂示天照太神宮
第4巻 大日本神典宣義、天御中主太神、大天照大神宮要旨、天照大神、太神宮、安心立命宮、信仰宮、大祓祝詞真義
第5巻 稜威会宣言、大日本世界教宣明書、大日本世界教要義、全神教趣大日本世界教要旨、大日本世界教略義、祖神垂示宇宙統一宮、信仰と全律、わが母
第6巻 日本民族の信仰箇条、日本民族宇宙観、大日本最古の神道、建国の精神、三種の神器、神社崇拝、日本民族の信仰と世界民族の信仰との対照、空前絶後唯一無比の全信仰、日本民族の信仰
第7巻 社会組織の根本原理
第8巻 五大神勅及教育勅語、大日本世界教経典、祝詞吉詞集、主基斎田諸祭祝詞並神事
第9巻 憲法宮、社会組織の体系、宇宙万有の根本本体と東西古今宗義学説の対照批判、東西古今宗義の変遷、国民教育の根本、日本神代心肉鍛錬法、三世相関
第10巻 人間未発天狗界、寒中禊と外人の質問、達磨、たからぶね 
注意)本商品はパソコンがないと読めません。DVDプレイヤーで見ることはできません。


☆いま、この本がお客様のところに行きたがっています。


奇跡の王仁三郎肉声音源がパワーアップ!
王仁三郎 言霊リミックス
定価2,718円+税 音楽CD
一声のもとに風雨・雷電を駆使するなど、言霊の神威を自在に発揮し、さまざまな奇蹟を表した神人出口王仁三郎。その王仁三郎自身が大正時代に吹き込んだ天津祝詞、神言(大祓詞)の奇跡の音源に心地よい音楽とリズムをミックスし、さらに古式八雲琴の演奏などをフィーチャーした画期的な神道アンビエントアルバム。音楽として楽しめることはもちろん、王仁三郎の言霊ヒーリング・オーラパワーが計算されたアンビエントサウンドによってさらに増幅され、繰り返し聴くうちに、神霊の内流が豊かになり、運気も好転、福運を呼ぶ。またこのCDを聴きながら鎮魂したり、王仁三郎といっしょに祝詞を奏上すればさまざまな効果が得られる。(本作品は音楽CDです。映像はプロモーション用に作成したものです)



王仁三郎が出演した謎の映像!
甦る出口王仁三郎 DVD版
定価3,800円+税

出口王仁三郎のDVD
この映像は、昭和10年8月に制作されたが、王仁三郎生誕120年の平成3年にようやく弊社からビデオ公開された。王仁三郎聖師はその制作に際し、「これは大三災を軽減し、小三災を救う大神業である」と語った。半世紀後にこのフィルムが再発見されることを予見し、みずから霊験あらたかな七福神に変化することにより、人々にみずからの無限の霊的パワーを与えることを意図したのである。ビデオ版は9800円だったが、DVD版で画質もよくなり、操作性も向上したうえに、誰でも気軽に購入できる価格になった。それもこれも、先行きの見えないこの世の中で、ひとりでも多くの方にこの映像をご覧いただきたいからである。


禁断の古神道秘術を映像で大公開 !!
十種神宝秘玄 DVD版
定価6,800円+税十種神宝

◎死者をも甦らせるという凄まじいパワーをもつ秘法「とくさのかむたから」の神髄を映像メディアで初公開。
◎十種神宝の秘印の結び方から、自修・他修の鎮魂法まで映像を通じて詳しい指導が受けられる。
◎大宮司朗先生みずから、「十種神宝神術・奥の伝」をもって、皆様に玄気を注入。
◎岩笛と密咒の霊妙なリズムが谺するなか、古神道の世界とサイバー感覚の映像がクロスし、時空を越えた意識の拡大・爆発を強力に誘導する。


神折符を初心者にも懇切丁寧に伝授!
太古真法神符秘伝
定価6,800円+税神折符のDVD

◎太古真法の歴史と伝承、神折符を作る際の作法上の注意、紙合わせの伝を初心者にもわかりやすく映像で解説 。
◎実際の神折符の折り方を懇切丁寧に指導。
◎書籍『太古真法玄義』には収録していない秘伝の神折符(いずれも伝法料一符数万円の神折符)を収録。
親和符(恋愛成就に絶大な効果を発揮する折符)、護身符(様々な災厄、霊障などから身を護る神折符)、厄除祀符(家内にトラブルや災いがある場合に用いる)、病符(あらゆる疾病に効果的な神折符)、魅了符(人を惹きつける神折符。あらゆる対人関係や職場での人間関係が好転)、成就符(あらゆる願望成就に絶大な効果を発揮)、変転符(不運続きの時に、凶運を吉運に転換する)、盗難除符(家や会社に泥棒が入らないようにする神折符)


急告!弊社社主の話題の快作!学研から絶賛発売中!
現代に甦る王仁三郎の謎 東電原発事故を予言?
新約 出口王仁三郎の霊界からの警告
武田崇元=著 発行=学研パブリッシング 定価1800円+税
「土が汚れて、どうにもならん時が来る」「日本は世界から見ればいちばん神聖な頭脳にあたる。ところがここが一番さきに汚れる」「人間にとって一番大事なのは水である。水を汚してはいかんぞ。水を汚すことは神さまのご機感にかなわん」(出口王仁三郎)
旧著を全面改訂、ほぼ書下ろしに近く新ネタ満載。【主な内容】言霊とサイマティックス/伊勢内宮の鳥居倒壊事件/斎王神託事件/日本最初の精神病棟と大石凝真素美/長沢雄楯と笠森稲荷/水戸学・津和野派と平田派の暗闘/五十音図に封印された霊界の暗合/大正時代にiPhoneの出現を予言/21世紀初期の情報革命と王仁三郎の予言/ショック・ドクトリンとCIA/プレートの玉突き衝突/災害便乗資本主義とHAARP陰謀論/不可視の<帝国>/世界創造が完了するとき/福島原発事故の予言/土と水が汚れて、どうにもならん時が来る/マヤ暦の終わりとサパティスタ/スサノオと日本の使命/満州国と大本/霊界物語の国家改造説話/ヒサシブリ天位頂戴仕る/物語機械としての大本etc
※この本は発行は「学研パブリッシング」です。当サイトでは取扱いしておりません。一般書店でお求めください。


Hachiman blog

『神遺方』を読み解く
神遺方経験抄
権田直助=著
定価 4,800円+税
A5判 並製
『神遺方』は、人身の生始より魂魄の玄理、血気の妙用、薬能の本原、治術の準則までを記した日本最古の薬方書である。弊社から覆刻した宇津木義郎編『神遺方』は、祝詞のごとく、万葉仮名で書かれたものにその読みと意味する漢字を当てており、ひとつひとつの用語の意味するところがそれなりにわかるとはいえ、深く理解することは困難であるという不満が読者から寄せられていた。それを受けて読者の希望に添うような『神遺方』解説書を探していたが、本書『神遺方経験抄』は、平田篤胤門下の古医学者・権田直助が著わしたもので、『神遺方』「巻之上」を古典を引用しながらより詳しく神道的に解釈を施しており(「薬草類」を除く)、その深遠なる玄意を読み解く一助となると考え、今般復刻することとした。『神遺方』(本書で解釈されていない「巻之中」、「巻之下」を収録)をお持ちの方も、お持ちでない方も、ぜひとも座右の書としていただきたい。
※原本は、権田の門人が筆写したものであろうか、細かい校正が入っている。歴史的な稿本であることをふまえ、そのまま復刻することとしましたので、ご了解ください。

重版出来!宮地神仙道とつながる日本最古の医道書
神遺方
宇津木義郎=編 A5判 並製 復刻版
定価 2,800円+税
大己貴神、少彦名神の二神が遺したとされる日本最古の薬方書。『医心方』と題名が似ているためによく間違えられるが、本書は純粋に神代日本の薬方、医方書であり、とりわけ「火の気」という概念は宮地神仙道の秘詞と共通する点が注目される。従って、古神道に関心のある方、ましてや一家、道場を構えている方であれば、これを知らないとか、所持していないというのは恥ずかしいぐらいの基本図書といえよう。

重版出来!霊能者・三田光一の霊能開発書
霊観
三田光一(善靖)=著
定価2,800円+税 (送料400円)
A5判 ソフトカバー復刻版
月の裏側の念写や、第一次大戦の終結日の予言的中で知られる霊能者・三田光一の霊能開発実践指南書。とくに霊能開発の基本として、大気養法、呼吸法を初歩から奥伝まで写真入りで懇切丁寧に指導。さらに、「なんらの苦痛なく、きわめて単純に練習しやすく、しかもその効果において著しい成績をおさめている」修法として、著者の創案になる精神旅行法の具体的な実習法について詳しく述べている。これは精神統一法であると同時に、縮地法、幽体離脱をもっとも簡単に体験できる修法として貴重である。これだけでも2800円以上の値打ちあり。

重版出来!伝説の魔術的両部修法を公開!
真言秘密の魔力 実修法 通信伝授秘録
木原鬼仏=著 A5判 並製 復刻版
定価4,800円
+税
第一次大本事件を契機に大本を去り、東京でふたたび活動を開始した木原鬼仏が、その第一弾として刊行したのが本書であり、かなり気合いのはいった内容である。真言密教で門外不出とされてきた両部関係の秘密事相(修法)を実践霊術の観点からわかりやすく再編し、初伝(有り難や虎の巻)、中伝(恐ろしや蛇の巻)、奥伝(不可思議や火の巻)、極伝(あらたかや魔の巻)にわけて伝授する。タイトルに「魔力」とあるように、かなりきわどい術もあり、その性質上「最高口伝書に譲る」としてあえて詳細を伏せている部分もあるが、公開されたところだけでも、霊術探求者にとって裨益するところはきわめて大である。祈り詰めの大邪法/印契早結びの術/八千枚護摩の法/タラクバンウンカンキリク術/水底の邪法/荒乱大明神の邪観/孔雀明王の秘法/炎の舞/五大夜叉明王三昧術/等々。


重版出来!両部系方術の秘儀を公開した名著
交霊祈祷術
西村大観=著 A5判 並製 復刻版
定価2,800円+税
西村大観は大正・昭和前期に活躍した霊術家で、のちの大本幹部で九鬼文献を紹介した三浦一郎はその高弟であった。本書で公開の術はおおむね両部系であるが、実践上、なかなか参考になるところが多い。
札守作り方/諸符作り方/方除け秘伝/秘法口伝/秘符作り方/霊祭施餓鬼の作法/幣帛の切り方/祈祷場に張る注連縄の切り方/交霊祈祷法の実際/祈祷奥伝/祟りものを指に呼び出す法/護身用木劔の作り方/悪霊発見退散秘伝/死霊退散法/狐狸の邪気発見法/狐狸退散の符/方除砂まき法/悪人退治法/病者身体拭取紙の秘伝/特殊秘法/生霊死霊邪気筒封法/赤幣/等々。
重版出来!大東流の源流か? 幻の指南書完全復刻!
天神真揚流 柔術極意教授図解
吉田千春/真揚流五世孫・磯又右衛門=著 A5判並製・復刻版
定価2,800円+税
一説には大東流の源流ともいわれ、植芝盛平も学んだ天神真楊流。本書は明治期に刊行されたその貴重指南書である。この流派の創始者・磯又衛門(柳関斎)は、京都で一柳織部に揚心流を学ぶこと7年、さらに真神道流の本間丈右衛門に入門し、6年足らずで奥義を究めた。諸国巡歴中、近江草津で百人余りの無頼漢と争ったとき、あて身について悟るところがあり、二流を併せて一派を立て124手を定めた。その全貌は本書にあますところなく開示されている。
重版出来!
忍術極意秘伝書 現代人の忍術
伊藤銀月=著 A5判ソフトカバー 復刻版
定価2,800円+税
霊術家として著名な著者が、忍術の実践極意を公開した稀書。著者は、忍術の極意秘伝を「瞬間作用」にありと喝破し、「相手の目のなかに漂い出す気の動きを見てとると、その発し掛かって発し切らぬ際どい機に投じて、隙かさずそいつの眼に備わる防衛本能を脅かす動作」と規定する。無色、無形、無跡、無声、無息、無臭の六無の修行法にはじまり、四有(風胎を脱する術、飛行自在の術、昇天の術、縮地の術)、木遁、火遁、土遁、金遁、水遁の五遁に至るまでを詳述、その現代生活に適合した修行法と応用法(護身術・処世術)を指導。著者が幼少の頃に、漂泊の怪僧が古寺の高い柱を駈け昇るのを実見し、忍術研究の動機となった逸話なども興味深い。
太古神法・宮地神仙道・本田霊学……
秘教の三源流を統合した古神道の必読文献

友清歓真選集 第三巻 神道古義
定価10,000円+税
A5判 上製 豪華クロス装幀 美装函入
本巻は、宮地神仙道の霊的秘区たる手箱山における神事の詳細なる記録や太古神法の継承過程について詳細に語るなど、友清歓真大人の秘教的霊学の核心的ともいえる位置を占めるものであり、さらに幣立宮の謎や『上記』とも関連する天孫の阿蘇山降臨説をはじめ、阿蘇と石城山地霊論的な仕組み、あるいは神仙界の実相とその区分およびヒエラルキー等その論ずるところはきわめて多岐かつ詳細にわたる。
太古以来の因縁の霊地・石城山/神籠石の謎/西洋神界におけるエホバとキリスト/神仙道における玄胎結成の秘説/玄胎結成の原理とその修行法/日本神社造営の神聖意義/正神界の統制と天行居の統制/フリーメイソン/モーゼ五部書の淵源/アロンの杖の神秘とマナ/本朝神仙記伝について/堀天竜斎先生と太古神法の相伝/俗間流布の秘法類について/正神界の秘書・秘録の集積/仏仙界に入り支那仙界に転籍した聖徳太子/消滅解散に近づける仏仙界/宇宙大神霊界の8段階の説明/天孫民族の出自/クマソは神族中の神族/阿蘇・霧島の神仙境/手箱山登拝の神示

宮地水位大人より伝来の「まじなひ」をわかりやすく公開!
禁厭秘帖
附録特別伝法:願望を神界に到達せるための神呪/一切のことに勝利を得るための秘言/祈願の念意が神仙界に感通する神呪
大宮司朗=編著
定価13,000円+税 菊判・和綴
禁厭(まじなひ・きんえん)はもともとは神術、祈祷とほぼ同じ意味で使われたが、現今では単に呪詞を唱えるのみで応験を得られる実践や、あまり複雑な手順や厳重な潔斎等を伴わぬ実践を称して「禁厭」と称するようになってきた。本書は、宮地水位大人の『禁厭秘辞』『禁厭集』を土台に禁厭の玄理、歴史、実践にあたってのコツなどをわかりやすく解説し、さらに上記二著および通常の人の目に触れぬことのない稀覯書の中から、一定の信憑があると判断された禁厭を撰び収録したもので、これまで公開されることのなかった重秘の術もかなり含まれている。
古神道系の修法に関心を寄せる人は多いが、多忙な現代生活においては、最初から厳重な手順の多い実践に接しても容易に実行できぬこともあろう。その意味で手軽に実践できる禁厭は、より集中力の必要な式法へと進む階梯としてふさわしいものともいえる。しかしながら留意すべきは、複雑だから偉い、簡単だから軽いというような優劣のあることではないということである。むしろ、一発の禁厭が、心のこもらぬ、すなわち神人の気持ちが交じりあわぬ祈祷にまさる応験をもたらすことが往々にしてある。重々、心して修せられたいと思う。
なお、今回は読者にかわり弊社より先生にお願いして、特別附録として、あらゆる願い事を神界に到達させるための○○之神呪、一切のことに勝利を得るための○○秘言、祈願の念意が神仙界に感通するための○○之神呪の計三法を公開して頂くことになった。いずれも少し斯道を囓られた方にはおわかりかと思うが、そう簡単に受けることのできるものではないので、この機会をお見逃しなきようお願いします。。
ちなみに、幽真界に肉身をもって出入された宮地水位大人ですら、現界に伝えられるある禁厭一法を入手するため、その所持者と数年にわたって交際を続け、その所持者が金銭的に困難になった時を見計らって、万金を積んでそれを入手されたという逸話がある。本来はそれぐらいのことをしなければ、たったひとつの簡単な禁厭や秘言すら入手できないことを深くご認識頂ければと思う。

言霊修法について 大宮司朗先生に聞く

霊界物語の全容はこれ一冊でわかる!
霊界物語副読本の決定版!
霊界物語ガイドブック
霊界物語資料篇+霊界物語小辞典
木庭次守=編 木庭元晴=監修
定価3,800円+税
総頁580頁 A5判 並製
霊界物語のガイドブックとしては、昭和46年に大本教典刊行会(代表・出口宇知丸)が編纂した『霊界物語資料篇』および『霊界物語小事典』がつとに有名である。『霊界物語資料篇』の中心は、霊界物語研究者として名高い故木庭次守氏が心血を注いで完成した「霊界物語 梗概」である。これはまず冒頭に各巻の登場人物(神)を分類して表示し、ついでストーリーを正確にまとめたもので、物語を読むうえで必須のデータとなっている。ところが、この得難い資料の再刊は、『大本70年史』と同じく、教団内の政治的事情から絶対に不可能であり、そのためたまに弊社古書部(中央書籍)に入荷しても18,000円から23,000円の価格でご案内せざるをえない現状である。商売としては古本を売っているほうがリスクもないのでそれでよいのであるが、しかしそれでは弊社の社会的使命が立ちゆかぬ、『霊界物語』をより多くの方々に読んで頂き、天国に財を積んで頂くためには、多少のリスクがあろうが印刷代がかかろうが、なにがなんでもこの「霊界物語 梗概」を出すのが弊社の使命であるという自覚にもとづき、このたび、『霊界物語小事典』とあわせて刊行することになった次第である。あの膨大な『霊界物語』を購入すべきかどうか、はたして読みぬくことができるのかと逡巡している方は、まず本書を購入されるのも有効な選択肢のひとつである。もちろんすでに物語に親しんでおられる方にとって、本書が最適のガイドブックであることは言うを待たない。



他伝厳禁 易学秘占を多数集録
易学千里眼/新井白蛾秘伝集
大島中堂=著
定価 2,800円+税  A5判 並製
本書は、大島中堂によってまとめられた易学秘伝集ともいうべき『易学千里眼』『新井白蛾秘伝集』の合冊復刻である。
『易学千里眼』は、古来から易学諸学者が秘として他伝を許さなかった霊妙不可思議なる種々の秘法を集めたものである。方円直指極秘真訣、男女の占法、婚姻の占法、六韜三略別訣用格秘訣、力となる人を得可きことを知る占法、八卦上下の伝、十六爻の伝、二十四爻の伝、屋敷の地形を知る秘伝、一卦を親族に配するの伝、相場極秘伝、八卦家相占法、埋れ物其他の秘伝、真勢中州先生極秘真伝一卦を九十卦に割る方法など。
『新井白蛾秘伝集』は、新井白蛾が『易学小筌』等の著書中において、口伝につき今は語らずとしていた、秘中の秘とも言うべき秘法(最高位の門弟を除いて伝授を許さなかったとされる)をまとめた著である。八卦例象横通の伝、意心體の伝、遠近占法秘訣、爻位伝別訣、応爻の伝、通卦伝口訣、響通伝奥義、響通伝別訣大秘法、運顕伝、天眼通八目八伝別訣極意、五隣伝配卦、爻位伝外説、天眼響通伝、八卦主爻の事ほか
1冊でも購入すれば、いいことがあります!
このたびは弊社HPをご訪問くださり、ありがとうございます。弊社はつねにまずDMでのご案内を優先しております。大宮先生ご修法の「御産霊之勾玉守」などDMのみで売切れ、HPでは紹介できなかった品物もあります。まずはぜひ1冊ご購入ください。なにを購入すべきかお迷いの方は下の「幸運のお買い物」をクリックして、しっかりと気線を繋いでください。1冊でも購入されましたら、毎月無料でご案内をお届けさせて頂き、HPではオープンにしていないさまざまな特典が付与されます。下記はその一例です。
1 これから刊行される本を予約特価で購入できるオプション権。これは早く予約すればするほどトクするシステムになっております。
2 特価図書の案内 いろいろな書籍を定価よりかなり安く購入できます。ジャンルは古神道、密教、東洋医学、武道、古代史から辞書、美術書まで毎月ご紹介していきます。
3 古書のご案内 グループ会社・中央書籍販売の古書目録を毎回DMに同封させて頂きます。
神道、密教、易、占い、整体、鍼灸、武道、古代史、オカルト、魔術などを中心に毎月約200点をご紹介させて頂きます。どこを探してもない希少本もふんだんにあり、マニアのあいだで大人気です。

預言成就! 品切れ!ですが古書で2冊入荷
いつまでもあると思うな親と本
「この機会を逃すと二度と手に入りません」との預言が成就してきっちり品切れとなりましたが、古書で2冊のみ入荷しました。ほしい方は電話、ファックス、メールでお申込みください
この機会を逃すと二度と手に入りません!
大本関係史料を網羅する決定版!

大本史料集成 思想篇+運動篇 2冊組
池田 昭=編 三一書房=刊 B5判 函入 特製布装 
定価70,000円+税
会員特価38,000円+税
本書は大本研究の基本資料としてきわめて貴重なもので1982年に全3巻として刊行。ただし専門研究者が対象で発行部数がきわめて少なく、刊行されるとすぐに入手不可能となり今日に至っている。それがなんでこの値段で?との疑問を抱かれる方もあると思うが、そこは「見ざる、言わざる、聞かざる」の大人の世界である。残念ながら第3巻の「裁判篇」はもはや入手不可能でありますが、1巻、2巻もこれで終わり。
2巻で48,000円は高いと思われる方がいるかもしれないが、とんでもない心得違い。 B5大判で1巻(思想箱)700頁、2巻(運動箱)900頁、各2段組で文字がびっしりという膨大な史料集で、下記目次をつぶさにご覧頂ければわかるように、ふつうの手段では人手不可能な史料が惜しげもなく収録されている。たとえば2巻に収録の「高芝熊文書」は、大正期に大本にスパイとして潜入内偵していた京都府警の高芝熊警部が作成した司法・内務大臣宛の報告書類で、天地が逆さまになっても絶対に入手不可能。これだけでも5万円の値打ちは充分にあり、2巻あわせてこの値段はただ同然。こういうものは借金をしてでもなにがなんでも購入しておかれるようお勧め致します。残部が少なくなってくると、わたしどもも霞を喰っているわけではありませんから、どんどん値上げをし、最後には10万円、15万円ということになります。いまのうちに必ず購入してください。いつものことですが、本がなくなってから「ぜひ入手したい」「なんとかならないか」ということを言ってくる方が多い。なくなると欲しくなるという不思議な心理ですが、ない本は売れませんのであしからずご了承ください。
【思想篇】・‥第一部出口なおの思想 第二部出口王仁三郎の思想[第一章 明治期の神諭/裏の筆・鎮魂・神武天皇祭の歌・裏の神諭・筆のしづく・いろは歌・弥仙山・かぞえ歌・たまの礎・道の大本][第二章 大正期の神諭/大本神歌・いろは神歌・大本神歌・皇道大本神歌・太古の神の因縁(上)・大本道歌][第三章 伊都能売神諭][第四章 道の栞][第五章 直言軍・敷島新報の諸論稿]
【運動篇】…第一部 明治・大正期の運動[第一章 出口王仁三郎関係文書/梅能花・金明霊学会会則・大日本修斎会創立要旨・皇道大本学則・皇道大本誓約・綱領・随筆][第二章 浅野和三郎関係文書/発刊の辞・人間の階級・私は乃木常です・霊の発動と其目的・鎮魂帰神に就きて・大本神論略解・古事記と現代の予言・大正維新の真相][第三章 幹部その他関係文書/一葉落ちて知る天下の秋・世界立替後の経済組織に就て・大本神諭に照らされたる世界覆滅の大陰謀][第四章 高芝蕪文書/司法・内務両大臣への報告書・大本教其二] 第二部 昭和期の運動[第一章 運動の概要/皇道大本事務便覧・運動の情況・運動の理念・随感録・統管随筆・皇道維新と経綸・皇道我膜・宣教宣伝使心得・大本基本宣伝歌][第二章 昭和神聖運動/昭和青年誌巻頭言恥・昭和青年詰(抄)・昭和神聖会発会式に於ける挨拶・神聖誌(抄)・総本部日記・愛善陸稲耕作法(抄)・天皇機関説撃滅



神道DVD三点セット
総定価17400円+税→セット特価16200円+税

甦る出口王仁三郎(DVD) 定価3800円+税
十種神宝秘玄(DVD)  定価6800円+税
太古真法神符秘伝(DVD)  定価6800円+税


怒濤の269冊! 衝撃の大人買い半額サービス!
八幡書店の全刊行物をセット!

八幡書店コンプリートセット
総定価1,818,357円+税→セット特価 909,178円+税
これだけの本が揃って総定価がわずか180万円とは情けなくなります。大衆車1台分の値段です。「アルカニア城の決闘」というゲームブックの古書相場が5万円。糞の役にも立たないゲームブック36冊分で、神智の集合体の全定価に匹敵するわけです。大の字逆さまの世の中とはまさにこのことです。それを考えると、定価でもけっして高くはないのですが、そこを敢えて、八幡の全刊行物をまとめ買いしようという方のためにこのコースをセットしてみました。この道に興味を持たれた方は、いずれ全冊を揃えたくなります。余裕のある方は、はじめから一括購入されるとたいへんおトクです。ましてや道場・教会を主宰しているような方は弊社の書物はすべて揃えておかねばなりません。気のきいた信者さん、会員さんは弊社の本でかなり勉強しておられます。もしも先生のほうがそれを知らないと、たいへんな恥をかくことになりますのではじめから全冊を大人買いしておきましょう。また八幡書店の本を販売してみたいというお問い合わせをよく頂きますが、ぴったりのセットです。

川面流古神道の秘教的地下水脈!
言霊の幸
多田雄三=著
本体12,000円+税 A5判 上製 クロス装幀 函入
多田雄三は明治16年、千葉県君津に生まれた。日本画家であったが、川面凡児の門に入り、各地で禊行を行い、川面の没後はさらなる新境地を確立し、ごく少数の門下生たちに禊の秘事を伝えたという。本書『言霊の幸』は、その生前は秘書として刊行を禁じられていたが、三人の高弟が永久に地下に埋もれることを恐れ私家版として刊行したものである。川面凡児の顕教的な部分が神社本庁系の禊に継承されたとすれば、その闇に包まれた秘教的な流れは多田雄三に継承されたといえよう。本書は霊感、神感から来るともいえる言霊説を縦横に駆使し、神事について、神代紀について著者独特の秘説を開示したものであるが、随所に『川面凡児全集』等では開示されていない器教的な観念が川面の言として言及され、「出雲史」なる未知の古伝についても語られる。なお、今回の刊行にあたっては姉妹編の「日本神道・禊の教典 未来」に加えて「修禊講演録」も併収することとした。

修験行者相伝の符咒を公開!
修験深秘行法符咒集
日本大蔵経編纂会=編
本体2,800円 A5判 並製
修験行者の間に相伝の秘法、禁呪、祈祷法などの伝書を網羅した「修験深秘行法符咒集」とその続編「修験深秘行法符咒続集」の二書を収録。本編は主に当山 派修験の修法符呪を10巻376種、総計440法にまとめたもので、巻1―巻5は諸尊の供養・祭祀に関わる作法・行法を、巻6以降の後半部には符呪法を
収録。諸尊・諸仏については「不動隠形之大事」「不動秘印事」「弁財天大事」など不動明王・弁財天・摩利支天など霊力絶大パワフルな諸尊に関する行法が 多く、「新仏開眼作法」「神楽大事」「神祇講式法」など神道・陰陽道・道教などと関連した修法も注目される。符呪法は、霊符を操作することによって、悪
霊・邪神邪鬼類を除去したり、それらの攻撃から身を守るための修法である。本書収録の符呪類はその数も多く、形式・種類も多様で、生活全般にわたってい るが、「金神除法」「荒神放捨秘法」「狐荒れる時に穴に立てる符形」など除霊に関する法が注目される。続集は主に羽黒派天台修験に伝わる修法・符呪のう
ち、本編と重複するものを除外し、本編を補足する48法を収録。修験道、密教に関心を抱く方はもとより、古神道、神仙道、陰陽道の修道士の方に広くお勧 めしたい。

古武道の古典的名著を合本にて復刻!
柔術剣棒図解秘訣
【柔術剣棒図解秘訣・武道図解秘訣 合本】
井ノ口松之助=編
定価 2,800円+税  A5判並製
★柔術剣棒図解秘訣 
柔術から撃剣、棒術まで、詳細な図解で解説。柔術については、 『天神真揚流柔術極意教授図解』(品切)にも収録されているが、本書には技をより詳細に説明している箇所もあり、相照らして読まれることをお薦めする。
★武道図解秘訣
柔術は殺活の術を、撃剣は古流の形を紹介し、臨機応変の術、 太刀筋の成否を示す。捕縄は本縄数種を図解し、捕縄の心得を詳記。その他、水泳、弓術、居合 の諸術を収録。

増刷しました!
白日に昇天した最後の仙人・山中照道大寿真の秘密奥伝を公開!
仙家秘訣 無病長生法
付録:至道物語
川合清丸=著
定価4,800円+税
本書の「無病長生法」は、幽真界に由来する秘禁の胎息術を軸とするもので、山中照道大寿真から明治の仙人といわれた河野至道寿真に伝えられ、さらに本書の著者川合清丸に伝えられたもので、世俗の健康法の類とはまったく異なるものである。ちなみに河野至道がこの法を川合清丸に授けたのち、吹雪の葛木山中で大寒の水行を修めていると、いずこともなく照道大寿真があらわれ、「汝は仙家の禁戒を守らず、かつて伝えた秘禁の胎息術をみだりに人に洩らしたのは、もってのほかである」として、50日の謹慎を申しつけられたという。著者の川合清丸は、一般的には神儒仏の諸学に通じた学者として知られ、禅においても無無道人として知られた顕教的な活動で一世を風靡した人物であるが、その裏面では、宮地水位、宮地厳夫につらなる秘教的神仙道のネットワークの一員だったことはそれだけでも興味深い。

密教修法に用いる法具の解説図典!
真言密教法具便覧
権田雷斧=著
定価3,800円+税
弊社刊『仏像図鑑』姉妹編。著者の権田雷斧は友清歓真も高く評価した真言宗豊山派の密教僧で、79歳のときに中国に布教し、唐末以降廃絶していた密教復興の端緒を開いた人物。密教で用いる法具について豊富なイラストを収録し、詳細に考証した根本資料。原本は大正10年刊であるが、今日なお最も権威ある法具図典とされる。
<主な目次>須弥壇、五峯八柱宝楼閣、大曼陀羅壇、大壇上四楔、門標、大壇上宝輪、大壇上五瓶と華、仏殿荘厳用華鬘、五種鈴と五金剛杵、大壇上金剛盤、大壇上四面器、大壇火舎と六器と飲食器と供物器、大壇脇机用塗香と灑水との二器、妙香印糸乞哩字香爐、金剛杵、唐鈴と唐五鈷杵、潅頂三摩耶戒場用具、三摩耶戒壇上天蓋の幢、潅頂内道場、護摩、護摩爐、数珠、柄香爐、壇上荘厳 etc.

奇跡の霊図集、待望の復刊!
増補版 五嶽真形図集成
大宮司朗=編・解説
定価 18,000円+税
和綴 豪華桐箱入

本書は、桐箱に入れて神棚もしくは清浄な場所に安置して下さい
五岳真形図をお祭りする方法は『神法道術秘伝』にも紹介されていますが、大宮司朗先生が神仙の啓導のもとに入魂編纂された本書そのものも、神棚もしくは清浄な場所に安置することで、絶大な効果を期待することができます。五岳真形図をこれだけ集めた本は古今絶無であり、しかも、これまで未公開の重秘の五岳真形図が厳然と含まれているからです。精読されるのはもちろん、一家一本の神物として大切にご所蔵下さい。
※和綴製本は手作業のため、1冊づつ丁寧に製本していくことになります。1カ月くらい納期がかかることもございますので、予めご了承くださいますようお願い申し上げます。


謎の葛城・雲伝神道の秘儀
慈雲尊者神道著作全集
定価15,000円+税
A5判 上製 豪華クロス装幀 美装函入 約1100頁
大正年間に刊行された「慈雲尊者全集」から第10輯「神道篇」を復刻。慈雲は江戸中期の真言宗の学僧。俗姓は上月、名は飲光(おんこう)、悉曇(古代サンスクリット)研究で業績を残すが、晩年は神道に傾倒して「葛城山人」と号し、雲伝神道を唱えた。両部神道の系譜をひきながら、儒仏による神道解釈を批判し「万国道を建てる者、我神国より分付せる枝葉なり」と論じた側面から、神道学的には同時代の本居宣長と対比して評価されてきたが、それ以上に論じられることはなかった。だが、本書を精読すれば雲伝神道の真骨頂は十種神宝の伝をふくむ秘教的なプラクティスにあることが了解され、なぜニギハヤヒ降臨伝承のある磐船神社が雲伝神道の根本道場と定められたのかも了解されよう。
【収録内容】十種神宝秘図、十種神宝秘聞書、神儒偶談、神致容頌、比登農古乃世、神道要語、開会神道、天の御蔭、神勅口伝、神道国歌、神道折紙類聚、尊者御直筆神道折紙集、入門十二通聞書、日本紀神代折紙記、無題抄、相承神道儀、相承神事儀、神名称儀、神道相承伝授目録、問决、神道問訣、神代巻聞書大祓、大祓折紙私記、神道三昧耶戒、神道灌頂式、神道灌頂法則、神道灌頂清軌、神道灌頂教授式抄、神祇灌頂或問、四海領掌大事印信、四海領掌大事、神道大意、神道要集、神道或問

財を招き、福を呼ぶ!
誰でも実践できる 大黒天神法
白日孔=著
本体2,800円 A5判 上製 ソフトカバー
密教修法の権威・白日孔先生がこれまで一部のプロしか知らなかった本格的な大黒天祈祷法の手順をはじめて公開する。印なども初心者にもわかりやすく丁寧に解説されているので、密教修法全般への入門書ともなっている。大黒天の祀り方/大黒天印と諸印/大黒天勧請法/大黒天祈祷法/大黒天神法秘密成就/七日千座法/一時千座法/大黒天大事/大黒天槌袋大事/三面大黒天真言/三面大黒天印明/大黒天真言と心経法/三面大黒天開運法etc


古代亀卜法から略式占断法までを詳解
神道正伝 亀卜判断法
辻陳雄=著
本体3,800円 A5判 並製
本書の原本は、昭和10年にごく少数の神事および占術関係者のみを対象として刊行されたものと思われる。『布斗麻邇秘伝』に収録の横山孫次郎「対馬亀卜談」とともに亀卜に関する数少ない貴重な資料であり、「亀卜口授秘訣」「亀卜相伝秘事」などの占部古伝や対馬、伊豆、弥彦神社などの古伝を渉猟比較し、亀卜占辞の玄理及び詳細を明らかにし、亀卜神事の行事作法等を図解入りで詳述する。しかし、本書の眼目は、この神道古伝の占法を現代に生かし、古伝に則り亀甲の形状を模定し、波々加木の神意を象って桜または檜を以て作り、兆筋を入れ、五箇所に穴を穿ち、五行の霊色を配当して占う「亀甲代卜定法」の行事作法および実際の判断法、さらに陶宮術、周易、九星と連携させて簡単に個人でも占断できる略式の卜定法について詳述する点にあり、プロからアマチュアまで実践的に活用できる一書としてお薦め。

稲荷神と霊狐の謎・夢の吉凶を解く
稲荷大神霊験記/夢判断実験書
柄澤照覚=著
本体2,800円 A5判 並製
博覧剛毅の両部神道者・柄澤照覚の著書2冊を復刻収録。まず『稲荷大神霊験記』。稲荷神および霊狐の神徳・霊験・来歴について真正面から信仰的にベタにかつ詳細に解説した本は、ありそうで実はこれ以外にない。稲荷に関してはこれ1冊ですべてわかる。付録の「白狐勧請秘法と神道修行」も貴重な実践マニュアル。もう1冊の『夢判断実験書』は、夢の内容を約300項目のモチーフに分類し、その吉凶判断を示した奇書で、夢を見るのが楽しみになる。実際、そういう使い方もありで、特定のモチーフの夢を見るようにコントロールすることで福運を呼ぶこともできるのである。

易は神に通ずる道也
占断自在 高島周易講釈
高島嘉右衛門=述 菊池暁汀=編
定価4,800円+税
A5判 並製
「今夫れ人と人とは、人を以て通弁をするけれども、神と人とは豈に人を以て通弁をする事が出来やうか。其能く神と人との間を通弁する者は、大易即ち是れである」(巻頭言より)
菊池暁汀なる人物が、病床に伏していた高島嘉右衛門の講話を筆録・編集したのが本書(原本は大正二年刊)である。『増補 高島易断』は斯道の人でないと理解できないとされるほど難解なものであるが、「本書は易学を普通人に知らしめる」意志をもって高島嘉右衛門が口述したものである。よって初学の人はまずこの本から読むことをお薦めする。今回の覆刻に関しては、その前年に刊行された『周易占筮法秘伝』と併せて合冊とすることとした。この『周易占筮法秘伝』(収録内容:易占大義、神人交話、神人交通する所以の理、天命及性の神髄、易義例、易占筮義、陰陽八卦の義、神通占筮の経験)は理論編に、『高島周易講釈』は実践編にあたる。なお、「神通占筮の経験」は、嘉右衛門の生涯の節目節目の重要な神通占筮経験を記しており、大変興味深い。