古神道、霊学、霊術、密教、神仙道、大本教、占術、超古代史の専門出版社。ブレインマシンKASINAの日本正規ディストリビューター。

コアな情報にアクセス!

八幡書店ブログ

カテゴリー

 

トップ > 占術 > 2018年版 この占いがすごい! 神聖開運占術大全
占術 > 総合 > 2018年版 この占いがすごい! 神聖開運占術大全

2018年版 この占いがすごい! 神聖開運占術大全

2018年も、この1冊で大開運!!
商品コード : 89350-785-3
価格 : 1,800円+税
波木星龍=監修 鮫島礼子=執筆協力 A5判 並製
数量
 

ご購入金額(税抜)が8000円以上の場合は送料無料になります

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
占術界に激震の占い大全!
『江戸JAPAN極秘手相術』『四柱推命の謎と真実』で話題の波木星龍先生監修の画期的な年度版「占術大全」が昨年の神占開運暦を継承して登場。占術界において博覧強記では右に並ぶ者なき著者ならではのこれでもかと言わんばかりの濃い内容。初心者からプロまで絶対必備の決定版。附録の【附録 2018年神占開運暦】で強運を招きよせよう。

【2018年 連載特集記事】 

[1]西洋占星学の正体
【連載・第2回】禁断の七惑星と十二星座
●歴史上の何千何万という占星術師の眼
●正確なホロスコープは、なぜ重要ではないのか
●科学的視点から真偽が争われている占星術
●科学的な軍配を下せなかった4万5千名のデータ
●黄道12星座は、なぜ「性格」や「運命」を表すとされたのか
●禁断の黄道十二宮は、ここから始まる
●地球を測ったエラトステネスが支配惑星を定めた?
●黄道十二宮(星座宮)の特性を定めている要素
●古代人たちは黄道十二宮をどう解釈していたか
●天空観測としての十二星座はどう見えるか
●天空観測としての惑星の数は、誰にもわからない
●古代人の観ていた七惑星の神々の姿 
●古代人の神々は、地球人にわかりやすい顔を見せた

[2]「神々のタロット」実占秘伝講座
【連載・第2回】21枚の神々を実占的に解き明かす
手書きで伝承された「タロット(大アルカナ)」の出現
すべては爛献Д屮薀鵑領邊境瓩忙呂泙
【1】魔術師――神聖文字の発明者 トト神
【2】女教皇――復讐の女呪術師 イシス女神
【3】女帝――王宮と芸術の守護 ハトホル女神
【4】帝王――五つの称号を持つ神王 ホルス神
【5】法王――冥界を統治する オシリス神
【6】恋人――王国に愛と命をもたらす シュー神&テフヌト神
【7】戦車――神王に勝利を呼び込む ベヘデティー神
【8】正義――死後法廷を裁く マアト女神
【9】隠者――地平線に沈みゆく太陽 アトウム神
【10】運命の輪――地平線上の太陽 ホル・エム・アケト神
【11】力――秘められた闘争心 セクメト女神
【12】吊るし人――とぐろを巻いた捕虜 アポピス神
【13】死神――墓地や遺体を守護する アヌビス神
【14】節制――ナイルの調節を司る ハピ神
【15】悪魔――宿敵として襲い掛かる セト神
【16】塔――火炎を放射する眼 ウジャト神
【17】星――シリウスとして輝く イシス女神
【18】月――不安を抱く子供 コンス神
【19】太陽――真昼に輝く創造の神 ラー神
【20】審判――死後生命を維持する ネフティス女神
【21】世界――天空を包み込む包容力 ヌウト女神

[3]風水と方位の研究
【連載・第2回】気学九星&奇門遁甲の裏側
●方位学が抱える根本的課題
●気学九星術の誕生と謎
●奇門遁甲術の誕生と謎
●「気学九星術」の構造と問題点
●「奇門遁甲術」の構造と問題点
●「気学九星術」の優点と弱点
●「奇門遁甲術」の優点と弱点

その他の【神聖開運占術】
宿命的相性を占う「密教宿曜占星術」
成功の秘訣を伝授「古代エジプト占星術」
人生の歩み方を判断する「東洋四柱推命術」
適職を判断する「西洋幾何学手相術」
恋愛・家庭運を占う「東洋気血色人相術」
潜在能力をみる「ヒエログリフ姓名判断」
病気を予知する「東洋墨色判断法」
恋愛・SEX運を占う「西洋ルーン占法」
金運を占う「西洋トランプ占い」
恋の出逢いを占う「東洋測字判断法」
願望成就についてみる「東洋擲銭易占法」
凶災を回避する「西洋予知夢占い」
財運の向上を占う「東洋風水家相術」
「聖霊水浄化」によるパワー開運術
「聖石三合法」によるパワー開運術
「聖視オーラ」による瞑想開運術
「クンダリーニ」による瞑想開運術
「天真坤元霊符」による開運術
「生まれ年の守護本尊・守護星・守護龍とマントラ」による開運術

ページトップへ